スポンサーリンク

副作用で肥満になるうつ病の薬は?

今回は、うつ病の治療に用いる薬で太る傾向のあるものについて取り上げます。

うつ病を治療する薬ですが、抗うつ薬に限らず、うつ病の治療で用いられる向精神薬も対象にして、お話を進めていきます。

 

sponsored link

 

薬を飲んで、肥満になる原因は?

metabolic_man

抗うつ薬は、全般的に、抑うつ傾向を改善し、意欲を持ち上げて、活動的にすることを目的にしています。

そのため、自然と食欲も増してくるように作用するものなのです。

しかし、抗うつ薬に限らず、他の向精神薬においても、抗ヒスタミン作用を持つ薬剤は、副作用として、「肥満」というものが付いて回ります。

ですから、極端な話をすると、精神科で使われる薬でなくても、抗ヒスタミン作用のある薬は、太るという副作用を伴っているのです。

 

ヒスタミンには、食行動を抑制する働きが備わっていると言われており、抗ヒスタミン作用を持つ薬は、ヒスタミンに拮抗して働くため、食行動抑制行動を抑制してしまいます。

つまり、食行動を促進させる結果となってしまうのです。

そのため、抗ヒスタミン作用のある薬を服用すると、食が進み、結果として、太ってしまうのです。

また、抗ヒスタミン作用には、眠気を催すという作用も伴っているため、食事量が増えた上に眠気が増し、体が睡眠体制になるためカロリーの消費が進まず、余計、肥満に拍車がかかるというわけなのです。

 

ということで、抗ヒスタミン作用をもつうつ病の治療に用いる薬が、肥満をもたらす薬と言えるのです。

 

抗ヒスタミン作用を持つ向精神薬は?

抗うつ薬 種類 

以下に、抗ヒスタミン作用を持つ向精神薬と、その薬が示す肥満の副作用の程度を示した表を掲載します。

※クリックすると表が拡大表示されます。
抗ヒスタミン作用を持つ薬

 

以上が、抗ヒスタミン作用を持つ抗精神薬の一部です。

ここに示した薬でも、肥満の副作用が生じる程度は様々であることがお分かりいただけるかと思います。

ですから、傾向としては、どの薬が太りやすいかと言うことはありますが、個人差も影響すると言うことです。

 

まとめ

以上のように、肥満を招きやすいうつ病を治療する薬を一覧提示しました。

ここに示した薬すべてが、うつ病の治療に使われるかどうかは分かりませんが、抗うつ薬以外の薬でも、処方される可能性がある薬を取り上げました。

 

しかし、肥満は薬による影響だけでなく、生活習慣によっても、その影響度合いは左右されます。

ですから、薬だけが、肥満の唯一の原因ではないので、自分の普段の生活習慣を見直す、特に、食生活と運動の習慣を見直して、肥満を少しでも防ぐよう、自らも気をつけて、太りすぎないように、日々生活していきましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ