スポンサーリンク

記憶力に影響する副作用のあるうつ病の薬は?

「記憶力に影響のあるうつ病の薬は?」とのことですが、ここでは、うつ病の治療に用いる薬を「抗うつ薬」に限定せず、その他のすべての向精神薬を含め、記憶に関係すると思われる薬について、まとめてみたいと思います。

「うつ病の治療で使われる薬の種類は?」

「記憶力」と一言で言いましても、記憶は様々な段階に区別され、その各段階において薬の影響を受ける可能性が考えられます。

まず、「記憶」について、ちょっと整理してみましょう。

 

sponsored link

 

「記憶」とは?

うつ病 症状 接し方

記憶は、時間経過から段階的に見ると、

「記銘  →  保持  →  追想  →  再認」

あるいは、

「記銘  →  保持  →  想起」

という分類が出来ます。

 

一般的に、記憶に関する障害を記憶障害と一括りにして言いますが、その中には、上で示した各過程毎において生じる障害があるわけです。

具体的には、

  • ものが覚えられないという「記銘力障害」
  • 記憶したものを覚えておけないという「保持段階での障害」
  • 記憶していたものを思い出せないという「想起力の障害」

などに分けることが出来ます。

 

この中で、うつ病の治療薬で生じると考えられる副作用としての記憶障害は、主に、記銘力障害と過去に覚えたはずのものを思い出せないという想起の段階の障害が多いように思われます。

 

そもそも、うつ病においては、薬による記憶への影響もありますが、病気そのものによる脳の機能低下を原因とするものもあります。

というのも、うつ病になると脳内にある記憶に関係していると言われている「海馬」という部分が縮小してしまうのです。

そのため、頭が素早く回転してくれず、勉強や仕事に支障が出て、記憶障害も起きますし、意欲もなくなる、注意集中力も低下するなどの症状が起こるのです。

ですから、うつ病を患っているときに経験する記憶に関する問題は、一概に薬による問題だけとは言い切れないのです。

 

ですが、薬による記憶への影響も、決して無視できるものではありませんので、以下で、記憶に関係すると思われる薬をピックアップしてみました。

 

記銘力障害を起こす薬は?

medicine_capsule_set

うつ病の治療に用いられる薬のうち、比較的早期に開発された薬には、抗コリン作用という副作用があります。

この抗コリン作用の具体的症状のひとつに、記憶障害(記銘力障害)が含まれています。

ですから、副作用として、抗コリン作用のある薬を服用している場合は、記銘力の部分での記憶への影響があると考えられます。

抗コリン作用のある薬とは、

  • 三環系抗うつ薬(トリプラノール、トフラニールなど)
  • 四環系抗うつ薬(テトラミド、テシプール、ルジオミールなど)
  • SNRI(サインバルタなど)

などがあります。

 

過去の記事で、抗うつ薬を一覧表にまとめたものがありますが、その表に副作用についても併記してありますので、参考にご覧下さい。

「抗うつ病薬の名前・種類を一覧にして紹介」

 

とは言っても、抗コリン作用の具体的な症状には様々なもの(口渇、便秘、排尿障害など)があります。

副作用として、抗コリン作用のある薬であるから、必ずしも、記憶障害が起こるというわけではありません。

 

ベンゾジアゼピン系の薬の長期服用によっても、記憶障害が生じる?

medicine_jozai_set

一般的に、ベンゾジアゼピン系の薬を長期に渡って服用すると、記憶に影響が出るようです。
ベンゾジアゼピン系の薬には、抗不安薬、睡眠薬、抗てんかん薬などがあります。
これらの主だったものを表にまとめました。

*クリックすると、表が拡大表示されます。

ベンゾジアゼピン系の薬

 

まとめ

記憶に影響する可能性のあるうつ病の治療薬は確かに存在するのだと思います。

しかし、うつ病にあるときに生じる記憶に影響する要因には、はじめにも記しましたように、

「薬によるもの」

「脳内の機能的な変化(海馬の縮小)」

によるものとがあります。

 

うつ状態にあるときは、感覚や思考が健康なときと比べると、ボンヤリしているというか、テキパキと頭が働かないと思います。

そのような状態で、物事を覚えようとしたり、覚えていたはずのものを思い出そうとしても、健康時のように、頭がスムーズに動きません。

ですから、明らかに薬害による記憶障害であるならば、その薬を変薬してもらうなどの対処をしてもらい、ベンゾジアゼピン系の薬の場合は、長期間にわたる使用はなるべく避けるようにするなどの工夫が必要でしょう。

また、いずれの要因により記憶力が落ちている場合も、それを補うために、何でも忘れないようにメモを取るなどして、メモ魔」になるなど、生活上でも支障をきたさないよう工夫をすることも、大切なことになるでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ