スポンサーリンク

自律神経失調症とうつ病の違いは?

「うつ病」という病名は本当によく耳にする様になりましたね。

また、「自律神経失調症」という言葉もよく耳にしますし、このような診断を下されている方も多くおられるのではと思います。

「うつ病」と診断がされている方で、

「自分の本当の病気は、うつ病ではなく、自律神経失調症ではないのかしら?」

と思ったり、逆に、

「『自律神経失調症』と言われているけれど、本当はうつ病じゃないの?」

と、何となく疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?

そこで、今回は、「自律神経失調症とうつ病の違いは?」と題して、この問題について、整理してみたいと思います。

 

sponsored link

 

自律神経失調症とは、どんな病気?

nurse-d-05

まず、自律神経とは何でしょうか?

自律神経とは、意志とは無関係に動いている神経で、循環器、消化器、呼吸器などの活動を促進・抑制・調整するために、24時間休むことなく働き続けている神経です。

そして、この自律神経は、体の活動時や日中に働きが活発になる「交感神経」と、安静時や夜間に働きが活発になる「副交感神経」の二種類から成り立っています。

この二種類の自律神経のバランスが崩れた状態になって、様々な不調が生じるのが「自律神経失調症」というものです。

 

自律神経失調症でよく見られる症状は、めまい、動悸、だるさ、頭痛など様々な身体的な不調があります。

この自律神経失調症とは、多くの不定愁訴があるけれども、特定の病名がハッキリしない場合に、とりあえず、便宜的に付けられる「症状名」なのです。

「不定愁訴」とは、「頭が重い」「疲れが取れない」「よく眠れない」「イライラする」などの体調がなんとなく悪いという自覚症状を訴えるけれども、検査をしても原因はハッキリと見つからない状態を指します。

患者さんからの主観的な訴えが強く、その範囲が広く、客観的な所見に乏しいという点が特徴とされています。

 

つまり、「自律神経失調症」といのは病名ではないんですね。

ですから、「自律神経失調症」という病気が存在するわけではないのです。

そこで、日本心身医学会においては、「自律神経失調症とは、種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変(形態的な変化)が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義しています。*1

*1引用サイト:Q&A|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイトより

 

これは、「うつ病」と「うつ状態」との話のところでも出てきたものと似たようなものですね。

「自律神経失調症」とは、症状名であって、病名ではないということです。

つまり、「自律神経失調症」という状態、病態像はあるけれども、それが何の病気であるかはまだ特定、確定されていない状態ということになるでしょうか。

 

自律神経失調症とうつ病が似ているところは?

うつ病 症状 接し方

症状的に、自律神経失調症とうつ病の似ている点というのは、様々あると思われます。

例えば、

  • 不眠
  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 頭が重い
  • 胃部不快感

などの症状もあります。

このように、症状的には、非常にダブりの多いものだと思います。

 

これらの症状の中でも、例えば、不眠や食欲不振などは、自律神経の不調による症状ですね。

ですから、言い方を換えれば、うつ病の症状として「うつ状態」があるように、うつ病の中に「自律神経失調症」という症状も含まれるということになります。

 

ですが、

「うつ状態≠うつ病」であり、「自律神経失調症≠うつ病」

なのです。

 

自律神経失調症とうつ病の違いは?

うつ病 疑問

このように、単に症状だけを比べると、自律神経失調症とうつ病の症状は同じような症状を示す部分もありますが、根本的に異なるのは、同じ症状、例えば、「不眠」という症状を見ても、その症状が起こっている原因が異なるという点です。

自律神経失調症による不眠は、自律神経の働きの不調が原因となります。

これに対し、うつ病の不眠は、脳の神経伝達物質の異常によるものが原因です。

そしてまた、うつ病の場合は、自律神経失調症よりも精神的な不調が目につきます。

例えば、

  • イライラする
  • 何に対してもマイナス思考になる
  • やる気がでない
  • 自殺について考える
  • 不安な絶望感が大きい

などが挙げられます。

 

また、一番大きな違いとも言えるのが、日内変動」があるかどうかという点でしょう。

つまり、うつ病の場合は、朝が調子が悪く、昼から夕方にかけてが多少良い時間帯で、夜にまた気分が落ちてくるという一日の中において、調子に変動があるのです。

それに対し、自律神経失調症は、このような一日の中においての変化はほとんど見られません

 

そして、更に、自律神経失調症とうつ病を紛らわしくしているものに、「仮面うつ病」というものがあります。

関連記事:「気付いていないだけ?仮面うつ病の症状と特徴は?」

この仮面うつ病は、うつ病の1つのタイプなのですが、精神的な不調よりも体調面での不調が前面に出てくるため、うつ病と気づかない場合が多いのです。

ですから、頭が痛いを思えば頭痛薬を、胃部不快感があれば胃腸薬をという具合に、本当に対処療法的な対応をするのですが、根本には、うつ病があるわけですから、なかなか様々な症状が緩和されるわけがありません。

この仮面うつ病の場合は、うつ病として抗うつ薬を服用すれば、根治治療が出来、症状改善につながるのです。

 

また、自律神経失調症かうつ病であるかの判断が紛らわしい場合、抗うつ薬を服用してみて、効果があれば、うつ病との診断がなされる場合もあるようです。

 

今まで、うつ病と思っていた、あるいは、診断されていたけれども、自律神経失調症ではと思い、自律神経失調症の自己チェックも行ってみたいという方。

または、その逆で、自律神経失調症と診断されていたけれど、うつ病かしらと思う方は、次のサイトへアクセスし、セルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?

自律神経失調症自己チェックリスト

※うつ病の自己チェックリスト(関連記事内のチェエクリストをご利用下さい)

関連記事:「あなたは大丈夫?定型うつ病の症状と特徴をチェック!」

 

 

まとめ

以上に記しましたように、自律神経失調症とうつ病は似ているようで、違うものなのです。

そもそも、自律神経失調症とは、病気としての存在自体は否定されており、1つの症状なのです

 

ですから、「自律神経失調症」という診断の時点では、何の病気の症状であるかは特定されているわけではありません。

しかし、この自律神経失調症の症状が、うつ病へと発展する可能性は十分に考えられるのです。

 

というわけで、自律神経失調症とうつ病は別物ですが、自律神経失調症はうつ病の前段階となることもあり得るわけです。

ですから、自律神経失調症の症状を持っている方は、うつ病に移行しないよう、今以上に、ストレスのかかるような状態には身を置かないように、注意をして生活することが重要となります。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ