スポンサーリンク

うつ病で退職する場合は診断書が必要なの?

今回は、「うつ病で退職する場合は診断書が必要なの?」というお話ですが、まず、うつ病で退職する場合とは、どのような状況が考えられるか整理してみましょう。

  • うつ病で働けないため、すぐにでも退職したいという場合
  • 職場環境がうつ病発症の理由と考え、休職などを経ずに、退職したいと考える場合
  • うつの傾向があり、仕事ができないので、うつ病を理由に退職を考えている場合
  • うつ病のため休職していたが、休職期間も満了となるため、退職する場合

だいたい、このくらいに分類できるでしょうか?

各項目について、その際に、診断書が必要になるのかを考えていきましょう。

 

基本的に、うつ病を理由に退職する際には、「診断書」は不要と思われます

うつ病 分かりやすく

うつ病に限らず、病気を理由に退職する場合、特に、「○○病のため、退職させていただきます」との退職願を書くことはないと思われます。

通常の退職願と同様、「一身上の都合により、退職させて・・・・」という文面の退職願を書くことになります。

会社側にとって、何病で退職されようが、特に問題ないからです。

ですから、特に診断書を添える必要もないでしょう。

 

ただ、うつ病に至った理由が会社側にあると判断しており、退職後、労災として訴えるなどのおつもりがある場合には、退職願に書く内容も多少、変わってくるかとは思います。

しかし、うつ病が激増している昨今の状況下で、うつ病の発症理由を会社側にあるとして、労災の認定を受けることはかなり難しくなっているようです。

参考記事:「うつ病による休職期間終了して退職後の手続きは?」

ですから、会社側に多少の否があったとしても、それのみが理由でうつ病が発症し、退職に至ったとの判断は下されにくい状況ですので、うつ病での労災認定を視野に入れて退職を考えることはあまり賢明ではないと思われます。

 

ご本人が、職場にうつになった原因があると考える場合は、その原因となる職場を離れることがうつ病の回復につながりますので、「退職する」という選択自体が誤りであるということはないでしょう。

しかし、かなり進行しているうつ病である場合は、闘病中に下す判断には重大な後悔を伴うことが多いため、うつ病の最中は、退職などの重大な決断はしないようとの医師からはアドバイスがあるはずです。

その際には、まだ、休職をしていないのなら、休職をして、うつ病の治療に専念することが良いのではと思われます。

そして、休職しても回復が見込めない、また、休職期間を満了してしまった場合には、「退職」を考えるという手順で事を運んだ方が良いのではと思われます。

医師は、休職のための診断書は依頼すれば書いて下さるはずです。

ですが、退職の必要性を記載した診断書というものは存在しないのではと思われます。

順当な手順を踏んで、休職期間が満了となり退職する際にも、特に、診断書を添える必要はないと思われます。

 

うつ病で働けないため、すぐにでも退職したいという場合

うつ狸

この場合は、休職という制度を利用せずに、退職するケースですが、この場合も、退職理由は「一身上」ということになると思いますので、診断書は不要でしょう。

しかし、休職制度を利用しておらず、職場からの慰留がある場合には、休職を取ることを勧められるかと思います。

ご本人に、本当は辞めたくないという気持ちがあるのなら、一旦、休職して休養してみるのが良いかと思います。

この休職をする際には、医師の診断書が必要になりますので、医師に診断書作成を依頼しましょう。

職場からの慰留も断って退職したいのならば、退職願あるいは退職届を提出すれば、それを受理しないことは雇用者側としては出来ないはずです。

就業規則に則って、退職願提出後一定期間を経れば、雇用契約は自動的に解除されることになり、退職が可能であると思います。

退職届の場合は、退職日を記載したものですので、その日をもって、退職が可能となるはずです。

この場合も、うつ病が理由であったとしても、「一身上の都合により」と退職願や退職届に記載してあれば、診断書の提出を求められることもないでしょうし、診断書は不要です。

 

職場環境がうつ病発症の理由と考え、休職などを経ずに、退職したいという場合

うつしか

この場合も、うつ病が理由であれ、退職願には「一身上の都合により」と書きますので、診断書は不要です。

職場からの慰留や休職制度の利用を勧められても、退職したいのであれば、退職すればよろしいかと思います。

また、本当にうつ病なのかとの疑惑をもたれたとしても、退職願が病気を理由にした文書ではないので、診断書の提出を求められても、それに応じる必要はないと思います。

通常の業務の引き継ぎなどをして、円満に退職の準備をして下さい。

 

うつの傾向があり、仕事ができないので、うつ病を理由に退職を考えている場合

イヌ 困った

うつ病とは診断されていないものの、仕事ができないために、うつ病ということにして退職したい場合においても、退職願には、他の事例と同様「一身上の都合により」との文書での退職願を提出するわけですから、診断書の提出は不要でしょう。

 

まとめ

以上のように、退職するにあたっては、理由が何であれ、うつ病であるという診断書を職場に提出する必要はないものと思われます。

診断書が必要となるのは

休職制度を利用する

無断欠勤や遅刻早退が頻発する場合の理由がうつ病である場合

などに限られるのではないかと思われます。

後は、退職後の失業保険を受給する際に、病気理由で辞めた場合で、なるべく早く失業保険を受給したい場合です。

受給条件に「いつでも働ける状態にあること」との条件がありますので、この際には、うつ病を理由に辞めた場合で、すぐに求職活動を始めるのであれば、医師の働くことができる旨を記した診断書を書いて貰う必要が出てくるでしょう。

 

しかし、これは退職後のことで、会社とは無関係な話ですので、退職する際に会社に提出するものとしての診断書ではありません。

ということから、一般的な退職のケースを考える場合、会社を退職するにあたって、診断書が必要となり、会社側から提出を要求されることもないと思われます。

 

ですから、会社を退職するために、わざわざ医療機関に行って、退職するために、「うつ病のため退職する必要がある」などとの診断書は不要ということです。

実際、このような内容の診断書は存在しないと思われますが。

 

いずれにせよ、本当にうつ病であると医師が診断している場合には、退職するという行為については、待ったをかけられる場合がほとんどと思われます。

うつ病の際には、正常な判断ができる状態とは見なされないからです。

ですから、医師としては休職を勧めると思います。

どうしても即辞めたい状況でないのならば、休職制度を使いきってから、退職について考えても遅くないと思います。

休職期間中は、受給条件がありますが、ある年数以上勤めていて、健保に加入していれば、傷病手当金も受けられ、給与の6割程度ですが手当金が支給されますので、その間に、治療に専念し、最終的な結論を出すという道筋を辿ったほうが、よろしいかとは思います。

 

あとは、個々人の事情がおありでしょうから、自分自身やご家族などともよく話し合われた上で、どのような行動を取るかを決められたらよいでしょう。

 

いずれにしましても、うつ病で退職するがために、医師の病気を証明してもらうための診断書は必要ないと考えて良いのではと思います。

 

退職という行為は、人生においても非常に大きな決断を伴うものです。

ですから、慎重を期して、行動するようにして下さい。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ