スポンサーリンク

仕事量はうつ病の症状に影響ある?

うつ病患者数が増加している現在、

うつ病で休職後、職場復帰する。

休職はせずに短時間勤務などで勤務を続ける。

病気の疑いがあるのに、通常の勤務を続けている。

といったように様々な働き方をしていらっしゃる方がいます。

そこで今回は、うつ病の人が職場復帰した場合、または、病気を抱えながら勤務を続けている時、職場での仕事量はどのようにしたら良いのかについて紹介します。

 

sponsored link

 

仕事量はうつ病の症状に影響ある?

 

仕事

うつ病になりかけの人とうつ病から職場復帰した人とでは、任せる仕事についても若干違いがあるように思います。

まず、うつ病になりかけの人に任せる仕事量ですが、なりかけですから、慎重を期して、ムリは決してさせられません。

うつ病は脳の病気ですが、ストレスが大きく関わる病気です。

ですから、仕事量もさることながら、仕事の質と言いますか、仕事内容を工夫し、ストレスの少ない業務を任せるという考え方が重要かと思います。

ストレスの少ない業務をというのは良いのですが、仕事量そのものを減らしてしまうことは、逆に、うつになりかけている人にとっては、良いことのようであって、

「自分は役立たずと思われているのだ」

などと言うマイナス思考につながる可能性もありますので、仕事量は相談しながら決めて、こなしてもらうのが良いでしょう。

もちろん、過重労働は厳禁です。

また、仕事をすることへのモチベーションの維持向上が出来れば、本当のうつ病にまで発展しない可能性も含まれているのです。

ですから、仕事量うんぬんよりも、その人にとって、仕事をして充実感や満足感を味わえるような業務にあたらせると良いかと思われます。

更に、うつ病発症にはストレス、特に対人関係のストレスが大きいため、職場内の人間関係によるストレスを少なくするような職場環境を整えることも大切になります。

特に、上司と部下との相性というのは、仕事において、対人関係ストレスのウエイトが一番大きいものですから、良好な上下関係を築きたいものですね。

 

休職後の職場復帰

次に、休職後に職場復帰する場合ですが、このような場合は、慣らし出社から始め、徐々に勤務時間を通常の時間に増やしていくという方法がとられたりしています。

ですから、仕事はその勤務時間内に出来る範囲で、なるべく負荷のかからないノルマなどのない作業が良いでしょう。

そして、仕事量も勤務時間も、ゆっくりと徐々に増やしていく。

しかし、決してオーバーワークにならないようにすることが肝心です。

オーバーワークになった場合、最悪の場合、再発ということも考えられますので。

一度うつ病になったと言うことは、そのような病気なる素因があるとも考えられますので、それまでの仕事のやり方、仕事量についても、患者さんと共に、よく再検討してみる必要があるかと思います。

 

まとめ

つまり、うつ病になりかけている人も、うつ病になり職場復帰した人も、職場で仕事をすることによってストレスは確実に受けています。

これはすべての人に言えることです。

そこで、うつ病の発症に大きく影響するストレスを回避するために、仕事量はほどほどにする必要があります。

そして、仕事内容も仕事をするモチベーションが上がるようなものに従事できると、ストレスは減り、うつ病の発症や再発につながる可能性が低くなると考えられます。

「うつ」という経験をしたことをきっかけに、自分の生活全般を見直す。

そして、仕事量も含めた仕事への取り組み方を再検討する絶好の機会として、この病気の経験を活かしてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ