スポンサーリンク

うつ病の症状に対する家族の対応は?

昨今、うつ病を患っている人が増加していますね。

増加しているのも事実ですが、「うつ病」というものが市民権を得て、病名をカミングアウトする方が増えたため、身近に、結構そういう方がいるなという感じがするのかもしれませんね。

しかし、病名をオープンにすることで、患者さん同士のつながりやそのご家族のつながりというものも出来上がるという良い面もあります。

いわゆる、ピアグループやピアサポート、家族会などというものです。

そういう場で、同じ「うつ病」という病気を持った方のご家族が、家族として患者さんにどのように接したら良いかと言う情報を始め、様々な情報を活発に意見交換されているものと思われます。

そこで、今回は、「うつ病」の症状を持つ家族に、家族(身内)として、どのように対応したら良いのか?ということについてお話してみたいと思います。

 

sponsored link

 

うつ病の症状に対して家族はどう対応したらいい?

うつ病 症状 家族の対応

ここで話すうつ病は、「定型うつ病」の方への対応の仕方です。

最近増えてきているという「非定型うつ病」の対応については、最後の部分で触れることにします。

まずは、病気になり始めの頃の対応です。

うつになりかけている時は、本人も気付かない場合もありますが、気付いても、周囲に心配をかけまいとして、本当は辛いのに大丈夫なふりをしたり、家庭内でも気を遣って休めないでいる場合が多々あります。

そのような場合で、ご家族がなんとなく

「うつかしら?」

と心配になられたら、まずは、家庭内を、患者さんの本当の意味での休養の出来る安心できる場にしてあげて下さい。

無用な気遣いなどしないで済むようさりげなく、安心感と安らぎの場を提供するように努めて下さい。

ちょっと励ませば、また、元のように元気になるのではと思い、励ませばよいのではと思うかもしれませんが、励ましは厳禁です。

もうエネルギーが消耗して、疲れ切っているのですから。

そして、患者さん自身も不安な状態でいますが、それに一緒に巻き込まれることなく、ご家族はご家族自身の生活も大切にし、過剰に世話を焼いたり、一緒に不安になったりすることなく、共にある存在として、デンと構えていてあげて下さい。

何しろ不安が大きいですので、さりげなく、また、何かを決断したりすることやそれを求めることはしないようにして下さい。

家事を担わなければならない立場の方が患者さんの場合は、なるべく、休ませてあげるために、負担を軽くしてあげましょう。

当初は話をする気力すらなくしていますが、次第に、話をするようになってきたら、ひたすら聞き役に徹し、意見や批判はせずに、ただ、患者さんの話に共感して聞いてあげて下さい。

そして、次第にエネルギーがたまってくるかのように、少しずつ元気が出てくるようになる回復期に入っていきます。

そうなった場合の対応としては、まだまだ十分なエネルギーがたまったわけでもないのに、患者さんは焦って、何か行動を起こそうとし始めるかと思います。

その時は、焦りを止まらせるブレーキ役に徹して下さい。

そして、まずは、普段の生活を少しずつ立て直していけるように手助けして下さい。

まだ、この段階に至っても、頑張れなどの励ましは厳禁と考えていた方が良いでしょう。

うつ病になる患者さんは、本来生真面目な方が多いので、エネルギーが十分に溜まれば、必ず、自然と自ら動き始めますので。

 

非定型うつ病の方への対応について

ここまでは、従来多く見られてきた「定型うつ病」の方への対応の仕方について書いてきましたが、ここで、定型うつ病とは全くタイプの異なる「非定型うつ病」の方への対応の仕方を少し記しておきます。

非定型うつ病の方には、少し励ます方が本人のためになります。

また、本人も少し頑張らないとなりません。

日課を決めて確実に実行させたりして、本人の気力を奮い立たせるように対応することが求められます。

定型うつ病の方への対応とは全く異なるということを押さえておきましょう。

 

まとめ

上に示したように、ご家族に出来ることは、とにかく休ませ、安心できる場を提供しつつ、回復を待つことです。

患者さんも焦りますが、ご家族もさぞご心配で焦ってくることと思います。

しかし、必ず回復するものだということを信じ続けることが、患者さんにも必ず通じ、良い結果をもたらすと考えられます。

ただし、患者さんにより、うつ病の状態によっては、追い詰められて自殺を考える時期もあります。

そのような素振りなどは見逃さないよう、監視するのではなく、常に温かく見守り、そばで支えていくという心づもりが大切です。

とにかく、ご家族は、必ず回復するのだと言うことを信じることです。

最後に記した、非定型うつ病の方に対しては、定型うつ病とは正反対とも言えるような対応で接することが、本人の回復を助けることになります。

患者さんが定型うつ病か非定型うつ病かを確実に見極めることが重要になることを覚えておきましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ