スポンサーリンク

セロトニン症候群の原因と症状は?

今回は、「セロトニン症候群の原因と症状は?」ということについて、お話してみたいと思います。

そこで、まず、セロトニンとは何か?といことから考えてみましょう。

 

sponsored link

 

セロトニンってなに?

考えるウサギ

セロトニンとは、脳の神経伝達物質の1つで、うつ病の方には不足していると言われるものです。
うつ病になったからセロトニンが不足したのか、セロトニンの不足がうつ病を引き起こすのかなどについては、まだ、明らかにされていません。

このセロトニンと言う言葉は、うつ病が世の中に広く認知されるようになって、また、現代のストレス社会での問題を語られる時にも、よく出てくる言葉ではないかと思います。

このセロトニンは、人間の場合、体内に約10mg程度あるそうですが、そのうちの90%が小腸の粘膜内にあり、残りの10%のうち、8%が血液内の血小板に、そして最後の残りの2%が脳内の中枢神経にあるとされています。

そして、わずか2%のセロトニンが、人の精神面の健康に大きな影響を与えているのだそうです。
セロトニン不足になることで、うつ病を始めとする様々な精神疾患、例えば、統合失調症、パニック障害などの原因にもなりますし、その他の様々な依存症や、他の身体的な不調の原因にもなるそうです。

 

セロトニンを摂取する方法は?

うつ病では、脳内のセロトニンが不足しているので、それを補うための抗うつ剤を飲む訳ですが、セロトニンを直接摂取しても良いのではと考えるかと思います。

しかし、セロトニンを含む食材と言うものは存在せず、食材に含まれるトリプトファンと言う物質が体内において合成されて、セロトニンを作り上げるのです。

ですから、セロトニンを増やすには、セロトニンの元になるトリプトファンを含む食材を摂取する必要が出てきます。

因みにトリプトファンが多く含まれる食品とは、以下を参考にして下さい。

関連記事:うつの原因はセロトニンの不足?原料はトリプトファン?合成方法は?

トリプトファンを含む食材を始め、様々な栄養素のものをとることで、セロトニンが少しでも増え、うつの改善につながると良いですね。

 

過剰に取り過ぎると・・・

うつ狸

では、セロトニンが不足した場合が、うつ病などの精神面での健康を崩す原因になることは分かりました。

では逆に、セロトニンを取り過ぎる、つまり過剰摂取するとどうなるのでしょうか?

実際に、過剰摂取になることはあるのでしょうか?

トリプトファンを体内で合成することにより、セロトニンが出来ると言っても、それだけの量では足りないために、抗うつ剤と言う薬を使って、その不足分を補うわけですよね。

ですから、基本的にトリプトファンを多く含む食材を、せっせと一所懸命食べたとしても、そのことで、セロトニンが体内に過剰になり、害を及ぼすことはないでしょう。

しかし、昨今の世の中は、不足する栄養素や体に良いとされる物質をサプリメントで摂ろうとする傾向が見られます。

そのような場合、抗うつ薬で補うセロトニンと、サプリメントから摂取するセロトニンの相互の影響で、過剰摂取に陥る可能性はあり得るのです。
また、セロトニンを補う抗つ薬であるSSRIなどを多量に摂取したり、複数の抗うつ剤を服用することによる相互作用によっても、過剰摂取の状態になるようです。

そして、その過剰に摂取してしまったために起こるのが、「セロトニン症候群」と言われるものなのです。

 

セロトニン症候群の症状とは?

そして、このセロトニン症候群の症状としては、

「自律神経系」

「体神経系や筋肉」

「脳認知機能」

等への障害として症状が現れるようです。
具体的な症状としては次のようなものが挙げられます。

 

セロトニン症候群の症状

・自律神経系への影響
吐き気、体温上昇、高血圧、異常発汗、心拍数の増加、下痢、緊張など

・体神経系や筋肉への影響
筋肉の痙攣、反射亢進、硬直、振戦(ふるえ)

・脳認知機能への影響
混乱、錯乱、興奮、頭痛、こん睡など

 

最悪の場合は、死に至ることもあるものであり、見逃すことは出来ないものです。

では、具体的にどのような薬剤でその症候群が起こる可能性があるかと言うと、SSRIの多量服用時と複数併用時に起きやすいとされていますが、具体的な薬の名前を挙げますと

 

  • SSRI:デプロメール、ルボックス、パキシル、ジェイゾロフトなど
  • 3環系抗つ薬:アナフラニール、トフラニール、トリプタノールなど
  • (難治性)パーキンソン病、うつ病の治療薬:塩酸セレギリン(MAO阻害薬)
  • 炭酸リチウム:気分安定薬、抗不安剤、睡眠薬など
  • リネゾリド(抗生物質):MRSA感染症治療薬
  • サプリメント:セントジョージズ・ワート(西洋オトギリソウ)、トリプトファン、5-HTPなど

これらの薬やサプリを飲むと必ず、セロトニン症候群になると言う訳ではなく、複数の薬剤やサプリとの併用時に発生しやすいそうです。

また、ここに挙げた薬品やサプリそのもの自体に有害性があると言う訳ではありません。

容量用法を守っていれば、この症候群になる可能性は低下するとされています。

参考記事:セロトニン症候群

 

まとめ

以上のように、セロトニンはうつ病の治療には欠かせない物質でありますが、過剰摂取になると、様々な症状を伴った副作用が生じます。

殊に、サプリメントと処方された抗うつ薬を併用する際は、医師に相談されることを強くおススメします。

セロトニンを増やして、早くうつ病を克服したいと言う気持ちは理解できますが、単にセロトニンが増えればうつ病が治るのであれば、長期間に渡り、うつ病との闘病を強いられる方はいません。

うつ病の治療には、ある程度の時間を要するものだと言うことを念頭に入れ、しかし、必ず、治るものであると信じ、治療を続けていって下さい。

また、うつ病が回復したならば、うつ病を再発、再燃させないためにも、トリプトファンを始め、バランスの良い食事を心掛けるなど、栄養面でもうつ病を予防出来ることに取り組んでいく姿勢は、大切になってくるかと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ