スポンサーリンク

精神安定剤に似た効果のあるサプリメントや食べ物は?

「精神安定剤」という言葉は、割とよく耳にするもののように思います。

イメージ的には、心を穏やかに鎮め、気持ちを安定させる薬のことと言う感じがありますが、このような解釈で合っているのでしょうか?

また、「精神安定剤」とはどのような方に、どのような際に用いられるのでしょうか?

まず初めに、この「精神安定剤」というものについて、少し整理し、似たような効果のあるサプリメントはあるのかどうかについて紹介してみたいと思います。

 

精神安定剤とは?

考えるたぬき

 

精神科で扱う薬は一般的に「向精神薬」と呼ばれています。

この中で、精神状態を安定させる特徴を持つ薬の総称を「精神安定剤」または「トランキライザー」と言います。

そしてさらに、このトランキライザーには、

 

マイナートランキライザー

メジャートランキライザー

 

との二種類に分けられます。

このうち、マイナートランキライザーは比較的作用の弱い「精神安定剤」で、「抗不安薬」などが含まれます。

具体的には、穏やかな効きで、精神科だけに限らず、内科や産婦人科などでも広く処方されやすい薬です。

 

これに対し、メジャートランキライザーは、かなり強力な作用を持つ薬で、「抗精神病薬」と呼ばれるものです。

主に、統合失調症などの治療に用いられますが、睡眠薬やうつ、神経症などの薬としても使われます。

作用が強いため、副作用を伴うものも多く、副作用止めと一緒に処方されることが多いものです。

 

sponsored link

 

精神安定剤に似た働きをするサプリメントとは?

上に示したように、精神安定剤にはメジャートランキライザーとマイナートランキライザーがあるわけですが、これらの薬の効果は、疲れ切った脳の機能を鎮め、穏やかな気持ちにさせることかと思います。

そう言った意味で、精神安定剤に似た効果のあるサプリと言うと、やはり他の記事でも書きましたように、脳の神経伝達物質であるセロトニンに働きかけるサプリメントということになるかと思います。

精神安定剤はうつ病に限らず、神経症などの軽度の精神症状にも処方されるものですが、精神安定剤は種類も多く、人によってその症状に対する適量と言うものにも違いがあります。

これと同様に、セロトニンを増やすことに働きかけるサプリも多種多様ありますので、ご自分に合ったものを選ばれることが大切だと思います。

 

精神安定剤の代わりになる食べ物はある?

考えるウサギ

 

サプリメントと同様に、セロトニンを増やすための材料となるトリプトファンを含む食材を摂ることが、少なからず、精神の安定に効果があるのではと想像されます。

そのトリプトファンを多く含む食品とは、バナナ、豆腐などの大豆製品、牛乳などの乳製品などが挙げられます。

詳しくは、過去の記事、「うつの原因はセロトニンの不足?原料はトリプトファン?合成方法は?」をご参照ください。

うつの原因はセロトニンの不足?原料はトリプトファン?合成方法は?

 

その他の最近、科学的にも証明されたものとしては、「チョコレートや紅茶がリラックスする効果をもたらす」ということがあります。

つまり、チョコや紅茶を摂ることで、精神安定剤と同様の効果があり得るとの研究結果が出されたのです。

少し詳細に記しますと、国立メキシコ自治大学での研究で明らかにされたもので、チョコやいちご、ブルーベリー、ラズベリー、紅茶などの中から、共通して発見されたいくつかのフレーバー(食品を口に入れた際の香りや味、食感などから生じる感覚の総称)が、精神安定剤して広く使用されている「バルプロ酸」と化学的に類似しているとの発見したとのことで、これらの食品を摂ることで、同様の効果が得られるのではと発表したのです。

さらに、これらの食品には、オメガ3脂肪酸が含まれていて、これも気分改善にプラス効果をもたらしているのでは?と結論付けています。

しかし、これらの精神安定剤に似た食品がリラックス効果があるとはいえ、抗うつ薬代わりになるわけではないことをよく覚えておいてほしいとのメッセージも添えています。

とはいえ、チョコや紅茶と言った身近な食品で、少しでもリラックス効果が期待できるというのは嬉しいですね。

 

まとめ

今回のタイトルであった「精神安定剤に似たサプリや食べ物は?」ということについては、精神安定剤が、うつ病のためなどに使われることから考えても、脳の神経伝達物質のセロトニンに働きかけるサプリメントなり、食べ物が効果的ではと言うことになるかと思います。

それに加え、最新の研究により、精神安定剤に化学的に似た食べ物として、チョコレートや紅茶が、精神の安定、つまり、リラックスをもたらすことも、科学的に証明されました。

うつ病の完全な克服には至らないでしょうが、少しでも、イライラした気持ちや鬱々とした気持ちが、穏やかな気持ちへと変化するのであれば、これらの食品を試しに飲食してみて、その効果を、ご自身で確かめて見られるのも良いのではと思います。

年々、新たな研究によって、意外と身近なもので、精神安定効果が期待できることが分かるなどの成果も出てきている訳ですので、最新の医学情報などの収集にも、少し積極的になってみるのも良いかもしれませんね。

 


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ