スポンサーリンク

うつ病で精神科にかかる治療費を安くする方法は?

うつっぽい感じがあって、「うつ病かな?」と思い、医療機関を訪ねてみようと思うものの、

 

精神科の治療費、うつ病の治療費っていくらくらいかかるのだろう?

「うつ病」の治療って、そもそも、健康保険が使えるの?

などなど、うつ病の治療を始めるにあたって、経済的な不安をお持ちの方もおられると思います。

そうですよね。

風邪などの場合のように、1回病院へ行き、注射や点滴をしてもらって、薬をもらって終わり、と言う感じにはいきそうにないですものね。

「うつ病」の治療にはある程度の時間がかかるって聞くし。

そうすると、お金(治療費)はどれくらいかかるんだろうって、心配になりますよね。

因みに、私たち、うつ男とうつ子が払っている実際の治療代は、

1回の受診につき、うつ男が約1500円、うつ子が約1000円といったところです。

それほど、高額ではないでしょう?

健康保健もちゃんと普通に使えます。

そして、その他に、精神科への通院治療費を安くする方法があるのです。

というわけで、「うつ病で精神科にかかる治療費を安くする方法は?」と題して、お話してみたいと思います。

 

sponsored link

 

精神科の治療費を安くする「自立支援医療」という制度

ネコポイント

精神科の治療費を安くするといいますか、精神科(心療内科も含む)へ通院している場合は、就労も困難な場合が多く、少しでも国の方で治療費の助成をしましょうというのが、この「自立支援医療」というものです。

一般的に医療機関で支払うお金は、健康保健だけの使用では通常、大抵の方は3割負担ですよね。

この3割負担では、精神科での治療を続けていくのは難しい場合もあるだろうということで、精神科での病気で治療受ける場合、

 

外来への通院

薬代

訪問看護

デイケア

 

などにおいて、健康保健の自己負担金の一部を公的に支援してもらえる制度が、

 

「自立支援医療(精神通院医療費の公費負担)」

 

というものです。
そして、通常の保険では3割負担のところが、1割の負担となります。

あくまで、精神科の通院等に関するもので、精神科への入院には適応されませんし、精神科で、仮に「うつ病」という精神疾患とは関係のない風邪薬などをもらったなどの場合の薬代は、通常の3割負担となります。

でも、精神科の薬を飲んで、その副作用で便秘になったための便秘薬や、精神的な不調からくる胃腸障害のための胃薬などは自立支援の対象として扱われますが・・・。

では、この自立支援医療はどのような人が使える制度なのでしょうか?

そして、一体、いくらくらい助成してもらえるのでしょうか?

 

自立支援医療の対象になる人、助成してもらえる額は?

考えるたぬき

この制度の対象になるのは、何らかの精神疾患によって、通院による治療を続ける必要があるレベルの状態にある方全てが対象になります。

ですから、「うつ病」という確定診断が下っていなくても、単に「うつっぽい状態」が続いているとか、うつ病にまではいかないけれど、その一歩手前くらいで、通院して治療が必要な状態をかかえているなどの場合も対象になります。

具体的には、

 

・統合失調症

・うつ病

・不安障害(不安神経症)

・知的障害

・てんかん

・摂食障害

 

など、精神科で扱う疾患はすべて対象になると思っていて間違いないと思います。

では、一体、いくらくらい助成・支援してくれるの? ということです。

これは、あなたが使っている保険の世帯主があなたであればあなたの収入、あなたが家族の扶養家族となって保険証を使っている場合は、保険証の世帯主収入によって、その額は決まってきます。

それに加え、「重度かつ継続」であるか?といったわかりにくい部分があるのですが、この部分は、この対象者になってもならなくても、大きな違いはないようですので、あまり深く考える必要はないかと思います。

基本的には、世帯収入によって支援額は決まってきます。

 

とはいえ、いくらか支給されるとかではなく、収入額によって、月々支払いをする上限額が定められるのです。

その限度額を超えた額は、公的に援助しますといった形での支援になります。

具体的には、以下の表を参考にしてみて下さい。

※画像をクリックすると拡大されます。

精神科 うつ 治療費 安くする方法

引用元:みんなのメンタルヘルス

 

これ見ていただくとお分かりかと思いますが、負担金の上限が

 

 

・0円

・2500円

・5000円

・10000円

・20000円

 

という区分で、負担金が決まっていることがお分かりいただけるかと思います。

 

自立支援医療の制度を利用するには・・・

この制度は、お住まいの市町村の担当窓口に申請することで利用が可能になります。

とはいっても、各市町村から都道府県の担当部署へ書類が回り、そこで、事務処理された上で、また市町村へその結果が戻ってくると言う手順なので、多少時間がかかります。

ですが、大抵の医療機関では、申請したと言うことを証明できれば、つまり申請用紙の控えなどを持参すれば、正式な認可が下りる前から、制度は使える場合が比較的多いかと思います。

例えば、保険証を忘れた時に一時的に全額支払するけれど、後日、保険証を持参すれば、過剰支払い分を清算してもらえるなどといった方法での利用ではあると思いますが。

 

ただし、注意しておいていただきたいことがあります。

それは、通院している医療機関が、「指定自立支援医療機関」であることが前提ということです。

ほぼ全部に近い医療機関がこの指定医療機関となっていると思いますが、念のため、ご確認下さい。

市町村窓口へ申請する際に必要な書類は、以下の表を参考に、実際に窓口でお尋ねの上、必要書類を用意して下さい。

※画像をクリックすると拡大されます。

うつ 精神科 治療費 安く

引用元:みんなのメンタルヘルス

 

この制度を利用すると、通称、黄色い手帳と呼ばれる手帳が発行され、それを受診の度、また、院外処方の場合はその薬局にその手帳を提出することになります。

その手帳に、毎回の支払金額が記載されていき月単位で加算され、それぞれの上限額まで行ったら、それ以上の支払いは免除されるということになります。

ただ、申請自体にはお金はかかりませんが、申請のためには、医師の診断書が必要となります。

手帳自体は毎年更新の手続きをする必要があるのですが、診断書が必要なのは1年おきになります。

ですから、2年に1度、医師の診断書料として、各医療機関により金額は異なると思いますが、3000~5000円くらいかかることは、ご承知おき頂きたいと思います。

 

まとめ

以上のように、精神科通院費をお安くする制度、自立支援医療というものがご理解いただけたでしょうか?

やはり、精神科の病気の場合、就労が困難になり、少しでも支出を切り詰めなければならない生活を強いられる場合が多いですから、こういった制度は有難いものですし、使える方は、ぜひ、利用されることをおススメします。

ただ、このような制度について、医師からその存在をお話して下さることは少ないと思います。

ですから、通われている医療機関にいるソーシャルワーカー(精神保健福祉士)さんや受付の事務の方に聴いてみるのが良いかと思います。

そして、そのような制度を使える医療機関であることが分かれば、医師に、診察の際に、

 

「自立支援医療の制度を使いたいのですが、対象になりますか?」

「使えるのであれば、診断書の作成をお願いします。」

 

と一言伝え、あとは、事務的な診断書作成依頼の手続きをすれば、診断書は発行してもらえます。

そして、診断書の準備が出来たら、各市町村の窓口を訪ね、諸々の事務手続きをして、申請を行って下さい。

医師が診断書を書いて下さったのに、申請して、この制度が利用できなということは、まずないと思います。

経済的な面で、精神科への受診をためらわれているのなら、このような制度もありますので、金銭面での心配はあまりせずに、早めに医療機関を訪ね、治療を開始されることをおすすめします。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ