スポンサーリンク

これってうつ病?失敗しない病院の選び方は?

ご自身が「うつ病ではないか?」あるいは、「うつっぽいな…」等と思われ、医療機関を受診しようかどうか迷われている方。

あるいは、周囲に「うつ病では?」と気になる方がいて、病院へ受診するよう勧めたいのだけれどと言う方。

受診しよう、または、受診させようと思ってはいるけれど、どこの病院へ行ったら良いのか、迷っていませんか?

また、どうやって病院を見分けて、選んだら良いのか分からずに、最初の一歩が踏み出せずにいる方はおられませんか?

では、既に病院へかかっている方は、どのように病院選びをしたのでしょうか?

何か病院選びのポイントと言うものはあるのでしょうか?

その辺りのことについて、「これってうつ病?失敗しない病院の選び方は?」と題して、一緒に考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

うつ病を確実に診断できるのは「精神科医」だけ!

うつ病 分かりやすく

「うつ病」と言う言葉が広く周知されるようになり、誰でも医師なら簡単にこの「うつ病」を診断出来そうに思われるかもしれませんが、実は、そうではないのです。

「うつ病」の診断を確定するには、かなりの経験を積んだ精神科医でさえも難しいというのが昨今の事情のようです。

ここ最近、あまりに簡単に「うつ病」と言う診断が下された例が多すぎるとの懸念を示す医師もおられます。

 

「うつ状態」であると言うことは、比較的簡単に診断できるようです。

しかし、その「うつ状態」が何の病気の症状であるのかを断定するのは難しいようなのです。

「うつ病」を初めとした精神疾患を専門としている精神科医でさえそうなのですから、にわか精神科医、つまり、他科の医師や内科の診察のついでにちょっとした精神的な不調にも対応しますよ的な心療内科を標榜する内科医などには、本当の「うつ病」というものや、それぞれの「うつ病」の方への適切な薬の処方などは難しい、出来ない、というのが実際に精神疾患を専門としておられる医師の方の本音ではないでしょうか?

他の記事でも触れましたが、心療内科を標榜していても、精神科医が診療にあたっている場合は別ですよ。

関連記事:うつ病の診察・診断ができるのは何科の病院?

 

やはり餅屋は餅屋。

精神疾患の1つである「うつ病」の専門家は精神科医です。

基本的に、精神科医が他の分野の不調のことには手を出しませんよね。

薬の副作用による胃腸の不調などへの対応はしてくれますが。

それと同じです。

 

やはり、本当に、確実に、「うつ病」の診断を仰ぎたいのであれば、何より精神科医の元を訪れることです。

そして、「うつ病」は、インフルエンザ、貧血、骨折などのように、諸々の検査をして、その異状が簡単に数字や画像で表れてくる疾患ではありません。

ある意味、ちょっとよく分からない方には、非科学的なと思われる方もおられると思いますが、医師は患者の訴える内容やその表情やしぐさや視線などあらゆるものから情報を収集した結果と、うつ病の診断基準とされているDSMなどを考え合わせて、診断を下すわけです。

それも、1度きりの診察においてではありません。

少なくとも、数回、あるいは、数か月から半年などのある程度の経過を見た結果、ある特定の精神疾患であると診断するのです。

 

しかし、その診断すら、更に、時間経過と共に、変化したりするのが、精神疾患の難しいところであり、患者としては、誤診していたのかとの思いを抱く結果をにつながる厄介なところなのです。

このように、精神科医でさえ、確実に「うつ病」であると診断を下すまでには、本来は、時間を要するものなのです。

そのような経緯も考えると、まず、病院選びの最初のポイントとしては、

 

・精神科のある医療機関を選ぶこと(より具体的には、精神科医のいる診療科であること)

・1度きりの通院では「うつ病」との診断も出来ませんし、ある程度の期間は通院の必要性が生じることから、通いきれる範囲内にある医療機関であること

 

まず、この2点が、挙げられると思います。

 

他の病気も抱えているならば、総合病院等にある精神科へ

カエルポイント

「うつ病」の他に、他の病気を抱えている場合は、精神科以外の科への受診もしやすい総合病院を選択した方が無難ではないかと思います。

しかも、他科との連携が比較的スムーズに行われている病院を選ぶことがポイントになるかと思います。

既に他の病気でお世話になっている病院があれば、そこの精神科を選ぶのも良いと思いますし、今通っている病院に精神科がないようであれば、取りあえずは、参考意見として、「このようなことで精神科を受診しようと思っているが、どこかおススメの病院はないでしょうか?」と、他の病気を診て頂いている医師に情報を求めるのも良いかと思います。

 

大学病院を通院先として選ぶ際のメリットとデメリットは?

うつ病 症状 接し方

大学病院は、各都道府県に最低一つはあるのではないでしょうか?

どうも日本人には、大学病院ならば安心、大学病院ならば最高の医療が受けられるとの信仰のような強い思いがあるように思います。

 

確かに、大学病院の精神科に、精神疾患の各分野のスペシャリストがおられるのは事実であり、多くの医師が在籍しており、複数の医師の意見が反映された診療が可能なであること、最先端の医療機器等があったり、他の医療機関では行われていない検査や治験なども行われていたりと、大学病院ならではの特色もあり、他の医療機関で受けられない、あるいは、受けるのが難しい治療を受けられる可能性があるというメリットはあると思います。

しかし、実際、大学病院の待合室へ行ってみると分かると思いますが、ものすごい人の数です!

先程も言いましたが、日本人には大病院志向と言いますか、大学病院志向のようなものがあり、ちょっとした不調でも、大学病院へかかれば安心と考える方が多いという影響もあるでしょう。

そのような人数の多さから、精神科では本来もっとも重要視されるべき、精神療法、つまり、医師との会話をする時間が本当に限られてしまうというデメリットもあります。

医師の方ももっと時間をかけて話を聴きたいと思っても、何しろ大量の人数をこなさなければならないので、1人あたりにかけられる時間は、本当に短時間となってしまいます。

そして、大学病院のデメリットのもう一つは、医師の異動が頻繁なため、1人の医師に長期間を継続的に診察を受けることが難しいという点があり、なかなか医師-患者間の信頼関係が築かれにくいと言うことが挙げられます。

そのような短時間での診察で良い、話を聞いてもらうことに重点を置かない、医師との関係性にあまりこだわらない、長時間の待ち時間も厭わないと言うような方であれば、大学病院を選ぶのも良いかと思います。

 

大学病院以外の総合病院の精神科を選ぶ場合

大学病院ではない総合病院内の精神科を選ぶ際には、精神科の入院ベットを持っているかどうかという点にポイントを置いてみてはと思います。

入院ベットを持っている、病棟があるということは、精神科の常勤の医師がいるということを示していると考えて良いと思います。

そのような場合は、常に病院に精神科医がいますから、何かあった時の対応もそれなりにして下さる可能性が高いと言うことになります。

精神科の入院設備、ベットがない場合は、非常勤の医師しかいないということの現れでもありますから、何かあった場合の連絡先や対応法等を事前に聞いておくなりする必要が出てくると思います。
そして、そのような質問をした場合に、

 

「時間外の対応はしません」

 

等の回答が返ってくるようであり、そこを通院先にしようと考えている方が、時間外に何か起きるかもしれないような状況にある方の場合には、そのような医療機関は向かないと言うことになるかと思います。

 

また、時間外に何か起きるとは限らなくても、不安があまりに強く、医師が常時病院にいてくれることで安心感を得られるのであれば、万が一のことも考え、精神科医が常勤している病院を選んでおくというのも一手であるかと思います。

あともう一点、付け加えるとしたら、入院ベットを持たない総合病院でも、大学病院との連携が強い病院ですと、何かあれば、緊急の場合は大学病院を入院先として紹介してもやすいというメリットもあります。

その一方、大学病院から派遣されている若手の医師が多いので、異動が多く、やはり医師-患者間の長期にわたる信頼関係の元での治療を望むのは難しくなるというデメリットがあります。

 

精神科単科の病院を選ぶ場合

「うつ病」であっても、早期発見・早期治療につながらず、重篤になってしまった場合は、このような重篤な精神症状の対応にも長けた精神科医が多くいる精神科病院を選択するのも良い、というより、このような病院を選ぶべきと思います。

このような精神科単科病院は、経験豊かなベテラン医師が複数常勤しています。

また、しっかりとした数のベット数を保有していますので、常時当直がおりますので、夜間などの時間外に何かあった場合でも、主治医がいなくても、その病院の当直の精神科医が適切な処置をして下さいますので、とても安心出来るという点はあります。

そして、これらの精神科病院の多くは、戦後の昭和25年に制定された精神衛生法に基づいて、昭和30~40年の精神科病院大増設時代に建てられた病院が多く、その施設の老朽化などの問題から、ここ10年ばかりの間に、かなりの精神科病院は新しく建て替えが行われ、今現在は、パッと見には、精神科病院とは分からないくらい、きれいで斬新なデザインの建物であったり、アメニティのよい病棟に改築された病院がかなり多数あります。

 

年配の患者さん方が経験されたような畳の大部屋でなどと言う状況ではなくなっています。

そして、このような精神科単科の病院は、重篤な方ばかりが行くところかというと、必ずしもそんなことはありません。

ちょっとした精神的な不調にも適切に対応して下さいます。

また、このような病院には、精神保健福祉士(通常、ソーシャルワーカーとかワーカーさんとも言われますが)が大抵おられますので、病気に関する不安だけでなく、それにまつわる生活上や経済上の不安や問題などにも対応していただけるというメリットもあります。

 

しかし、このような多数のメリットのある精神科病院なのですが、世間一般的には、このような病院に対する受診への敷居の高さが一番あるのではと思います。

でも、実際には、これらの病院も、他の総合病院などの精神科と何ら大きく違うところはなく、また、一般の内科や整形外科などとも何ら変わりのない、極々ふつうの病院に過ぎないのですよ。

確かに、うつ病以外の様々な精神疾患を抱えた方が来られる訳ですが、だからといっては何ですが、受付や事務の方は、一般の他の病院以上に、気配りが行き届き、親切丁寧に接して下さるという点もあるように、私自身は感じております。

 

その一方、これらの病院は、ちょっと交通の不便なところにあったりする場合も多くありますので、その辺りがデメリットになるでしょうか。

しかし、最近では、そのような精神科単科病院が、交通の利便性の良い場所に、関連施設として、クリニックを開設している場合もあります。

そのようなクリニックであると、入院が必要になった場合、さらに、場合によっては緊急に聞きたいことが生じた場合などの対処法として、大元の精神科病院の方で対応していただける場合もあります。

 

街中の精神科(メンタル)クリニックを通院先とする場合

現在、精神科病院を新たに作ることは法的な規制があり、出来ない状況にあると思います。

ですから、現在増えているのは、入院ベットなどを持たない個人クリニックです。

20年前、30年前には、街中にメンタルクリニックなどほぼないに等しかったですし、「うつ病」の治療を行う場所として、このようなクリニックを候補に入れることはほぼ出来なかったと言って良いでしょう。

そのような時代に比べたら、本当に、現在は選択に迷うほどクリニックが乱立しているという、ある意味恵まれた環境になってきていると思います。

 

このようなクリニックを通院先として選ぶメリットは、まず、立地条件の良い場所にあるケースが多いので、交通の便等で通いやすいということが挙げられます。

また、学生や仕事を持っている方が通いやすいように、診察時間等が配慮されていたりもします。

そして、受診がしやいように気軽に入れるような雰囲気の作りになっていたりもします。

そして、これらのクリニックでは、デイケアが充実していたり、カウンセラーが常駐していたりと、個性的なクリニックが多いのも特徴かもしれません。

しかし、この個性的と言うのが、良い面でも悪い面でもあり、このようなクリニックは大抵一人の精神科医が診療にあたっていますので、そのクリニックの治療方針や病気に対する考え方が、その一人の医師の個性に非常に大きく影響を受けてしまうということです。

この点で、その医師の考え方に同調でき、相性が良ければ、それ以上のことはありませんが、もし、合わない場合は、他の医療機関を新たに探さねばならないと言うことにつながります。

また、このようなクリニックは、夜間や緊急の対応には応じられないという場合がほとんどだと思われますので、緊急な事態が予想される方にはデメリットになるかと思います。

 

まとめ

今は、地域格差はあると思いますが、昔に比べたら、比べ物にならないほど、そこかしこに、メンタルクリニックや精神科の病院がある時代です。

「うつ病」が本格化している中、あちらこちら、自分に合う医療機関を探し求めるのは労力が入り、非常にメンタル的にきつい面もあるかと思います。

そして、「うつ病」は早期発見・早期治療が肝要と言われるように、病気が本格化する前に、行動出来ることがベターであると思います。

そのくらいの時期であれば、もし、合わない医療機関に当たってしまったとしても、次の医療機関を訪ねるエネルギーもきっと残っていることと思います。

 

ですから、あまりにも切羽詰まった状況まで我慢したのちに、医療機関を訪れることのないようにしましょう。

 

この程度の軽い症状で病院などへ行って良いのだろうか?

 

と迷う場合もあるかと思いますが、何でもなかった、大したことなかったで済めば、それに越したことはないのです。

手遅れになるよりは、早期に手を打つことの方が、メリットは大きいのです。

 

以上のように、「うつ病」の診断・治療を受けられる医療機関は様々あり、それぞれに特徴があって、メリットデメリットがあります。

少しでも早く治療を始め、そして、その治療には医師との相性が非常に大切ですから、自分に合った医師との出会いと言うのは、治療の効果にも大きな関係があります。

ですから、病院選びというより、良い医師と出会うことを目指しましょう。

 

ですが、初めにも書きましたように「うつ病」診断や治療にはある程度の時間が必要です。

数回の通院で良くならないとか、診断名を教えてくれないとか、そのような理由で転院を繰り返すドクターショッピングはあまり賛成は出来ません。

本当に、初回、もしくは、数回で、これは通院・受診自体がかなりのストレスになるとか、全然理解してくれないとか、全く相性が合わない、治療方針等が納得いかないなどの思いが強烈である場合は、次の医療機関を探してみることも良いとは思います。

 

しかし、「うつ病」と即座に診断できるというのは、相当の重症例である場合を除いては、いい加減な診察・診断しかしていない医師であると疑った方が無難でしょう。

ベテランの経験豊富な医師でさえ、1回の、あるいは2、3回の診察で、はっきりと「うつ病」と確定診断するのは難しく、ある程度の時間経過の中での診察を通して、確定的に「うつ病」と診断するのが一般的であると思われます。

ですから、一度、通院を始めたら、少しは継続して通ってみるべきでしょう。

その方が、ムダな労力も使いませんし、結果的には、あなた自身の治療にプラスになると思います。

 

因みに、ある雑誌の調査(うつ病に限らず他の精神疾患を持つ方も対象にした調査ですが)によると、今現在の主治医を信頼でき満足している方は7割弱、そして、その信頼できる医師に出会うまでの時間は、10年以上かかった、5~10年かかったと言う方が全体の4割強である、というデータもあります。

※画像をクリックすると拡大されます。

アンケート1    アンケート2

引用元:メンタルヘルスマガジンこころの元気+ 2013年3月号 p19

 

このようなデータもありますから、初めから自分に合った医療機関を一発で見つけることは、難しいことなのかもしれません。

しかも、「信頼でき満足できる医師に出会った方法は?」と言う質問に関する質問では、

 

「たまたま出会った」

 

という方が、かなりの数を占めています。

ですから、精神科における治療においては、医師と患者間の信頼関係は何より重要なことではありますが、それは、求めようとしてもなかなか得られにくい、期待を持たない偶然の出会いである方が、意外とその信頼関係がうまく構築されたりするものなのかなとも思います。

因みに、私自身も、今の信頼のおける主治医との出会いは、偶然の出会いでした。

このようなことを考え合わせ、病院選びは、

 

・どのような治療を求めるのか(最先端医療、他の疾患の通院も同医療機関で行えるかなど)

・緊急事態を想定するのか(いつでも連絡可能な常勤当直医がいる、病棟を保有しているなど)

・通いやすさ

・治療をどのようにとらえるのか(合う薬さえ出してもらえればよい、相性の医師を求める、話を良く聴いてほしいなど)

 

これらの点を総合的に考えた上で、自分が望む医療機関を選ばれるのが良いかと思います。

いずれにしましても、受診をする決意が固まっても、病院選びとは難しいものかも知れません。

あらゆる方法を用いて、情報収集し、自分の判断で選ばれることをおススメします。

しかし、一発で、自分が求めている医療機関なり医師に出会えると思わない方が良いと思います。

 

本格的な「うつ病」になってからでは、自分で探すことも、判断することも負担になり、困難を極める作業となりますので、早め早めに手を打っていかれることが良いのではと思います。

良い医療機関や相性の良い医師との出会いが、少しでも早く訪れ、「うつ病」の回復へとつながることを願っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ