スポンサーリンク

自分に合う精神科(メンタルクリニック)や心療内科の病院の探し方は?

これだけうつ病が世間に浸透している世の中ですから、おススメのうつ病の診断をしてくれる病院は、どこなのかしら? と必死に探されている方がおられると思います。

また、ご自身が通える範囲内で、うつ病の診断できるお勧めの病院はどこかとお探しも方も多いかと思います。

そこで、この記事では、どのように病院探しをしたら良いか?と言うことについて、経験上のことも交え、お話してみたいと思います。

 

sponsored link

 

まずは、通いやすい場所にある医療機関を目印に探す

 

うつ病 分かりやすく
まず、ご自身が「うつ病」ではとの懸念を抱いている訳ですから、実際に精神科医により「うつ病」と診断されると言う前提で、お話を進めていきます。

「うつ病」は早期発見・早期治療と言いますが、これを実践することは容易ではありません。

必ず回復する病気ではありますが、その回復期間は、人それぞれで、実際には、かなり長期戦を強いられることも想定しておくことが肝心です。

また、基本的に外来通院でのうつ病治療を前提に考えますと、通院は、2週間に1度とか、1カ月に1度、あるいは、毎週と通院ペースも様々です。

そして、急にうつの状態が悪くなり、緊急に受診することが必要になる場合もあり得ます。

そのようなことを考え合わせると、ただでさえ、「うつ病」という精神的不調を抱えているのに、通院の時間がかったり、通うのに不便であったりすると、余計なエネルギーを消耗してしまうことにもつながります。

ですから、なるべくならば、通いやすい場所にある医療機関をターゲットにして、ネットや電話帳などで検索、リサーチすることがポイントです。

いくら評判の良い医師がいるという医療機関であっても、通うということを考えると、距離的に遠いなどで、かなり労力を要するなあと思う場合には、うつで不足しているエネルギーを注ぎ込んでまで、本当にそこに通う意味があるのかということをよく考えてみて下さい。

 

病院ごとの度詳細な情報を収集する

次に、通える範囲の地域が明確になり、医療機関が絞り込まれてきたら、最近では、大きな医療機関では、大抵、自分の病院やクリニックの紹介を兼ねたHPがありますので、それをよく見てみましょう。
どのような分野を得意としているのか?

何人くらいの医師がいるのか?

 

その医療機関の特色なり経営理念なども参考にして、どのような医療機関であるかを、漠然とでも良いので、把握しましょう。

また、ネット上には、病院やクリニックへ実際にかかった方の口コミが書かれたサイトなどもあります。

こういったものも参考にするのも良いでしょう。

しかし、これらの情報は、あくまで、その口コミを書いた人個人が感じた、また、その人がその医療機関で受けた診察なり治療なりに対する感想ですので、非常に、個別的な情報であることを念頭に入れ、その口コミを鵜呑みにせず、そのように感じる人もいるのだなあ程度の参考に止めるのが良いでしょう。

 

絞り込んだら電話などでより詳細な情報収集する

 

1、2か所程度に受診しても良さそうな医療機関を候補に絞り込みます。

ここからは、口コミや評判と言った第三者から得た情報ではなく、自分自身で感じ取る情報が重要となりますので、ちょっと神経を研ぎ澄まし、自分の感性に合うかどうかなどをチェックしていきます。

具体的には、候補として残った医療機関に実際に電話で問い合わせてみます。

その時、聞く内容は、次のようなことです。

 

・今現在、初診は受け付けているのか?

・初診を受け付けているならば、曜日や時間は?

・初診に予約は必要かどうか?

・もし今、予約すると、早くていつ受診が可能になるか?

 

等のことを聞くと良いでしょう。

それに加え、ご自身が疑問に思うことや聞きたいことがあれば、何でも尋ねてみることです。

この時、重要なのは、各質問に対する答えも大切ですが、その質問に回答している病院職員の対応をチェックすることです。

 

言葉遣いや聞いたことへスムーズに答えられるか

聞いたこと以上の有用な情報も併せて提供してくれるか

 

などに注意を払います。

なぜ、このような点に注意するかと言うと、そのような見えない部分に、ある意味、その医療機関の医療に対する姿勢であるとか、そこの責任者(医師)の治療等に対する考え方などが見え隠れするものだからです。

電話対応する職員は、ある意味、病院の顔ともいえるのです。

たまたま、対応の悪い職員である場合もありますが、そのような職員を雇っている病院であるということも、別の意味で、病院選びの参考になります。

 

そして、この電話での質問の際に、実際に、初診の予約をしなくても良いのです。

ただ、

 

「ありがとうございました。病院の様子がよく分かりましたので、受診の検討をさせていただきます。」

 

程度のことを言い、別に名乗る必要もありませんし、単なる自分が直接得た情報として、最終的な受診先を決める際の手がかりとすれば良いのです。

 

まとめ

 

あなたはこれまでどのように病院を選んでいましたか?

評判がいいからという理由で、通院が困難な病院を選んでいませんでしたか?

今回紹介したような方法で病院選びを行えば、いつかは自分に合った病院を見つけることができると思います。

精神科の場合、自分に合うか合わないかは実際に受診してみないとわかりませんので、根気よく探してみましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ