スポンサーリンク

うつ病になった時の診断書のもらい方は?

ご自身が「うつ病かな?」と不安に思われたり、うつ病までには至っていなくても「うつ状態」や「うつ傾向」にあるのかなと思われている方は、現代の世の中には、かなりの数おられるのではと思います。

しかし、ここでまず、「うつ病」と「うつ状態」は違うものだということをハッキリと理解して下さい。

言葉からするイメージですと、

 

「うつ病」の軽いものが「うつ状態」かな?

 

という感じに受け止められるかと思います。

しかし、そうではないのです。

「うつ病」は”病名”です。

例えば、インフルエンザとか糖尿病とか、〇〇癌というものに相当します。

それに対して、「うつ状態」とは”症状名・状態像”です。

例えれば、鼻水が出る、咳が止まらない、腰が痛いなどに当たります。

 

この”病名”と”症状名”の何か違うかと言えば、”症状名”では、症状を示しているにすぎず、何の病気であるかまではまだ特定していない、断言していないということなのです。

ですから、腰が痛いという腰痛の場合を例にとってみると、その腰の痛みは、腰の捻挫的な「ぎっくり腰」かもしれませんし、椎間板が飛び出した「腰椎椎間板ヘルニア」であるかも、また、骨粗しょう症が原因の「椎骨の圧迫骨折」であるかもしれません。

このように、”症状名”は症状、体の状態を示す言葉に過ぎず、ある特定の病気を示したものではないのです。

このように考えていくと、「うつ状態」というのは、あらゆる精神疾患に見られる症状ですし、精神疾患以外の身体的な病気でも見られる症状であって、「うつ状態」であるから「うつ病」、つまり

 

「うつ状態」≠「うつ病」

 

なのです。

この点を良くご理解ください。

このことを理解した上で、「うつ病になった時の診断書のもらい方は?」ということのお話をしてみたいと思います。

 

sponsored link

 

「うつ病」としての診断書をもらうのには時間がかかる?

考えるたぬき

かなり重篤な状態になってから医療機関を受診した場合は、すぐに「うつ病」という診断が下されると思います。

このような場合は、診断書が必要な場合、必要な理由(休職・退職のため、休学のため、医療保険を請求するためなど)を述べれば、スムーズに診断書を書いていただけると思います。

しかし、一般に、自分で「うつ病かしら…」とか、「うつっぽい」・「何事にもやる気が出ない」などの自覚症状で、自ら医療機関を受診したレベルであると、初診の時点で、あなたは「うつ病」ですと診断はまず下されないと思っていた方が無難でしょう。

逆に、このレベルの訴えで、1回目の初診時に、あなたの訴えを聞いただけ、もしくは、簡単な質問紙に回答したものを元に、「あなたはうつ病です」と診断する医師は、”問題あり”と言えなくもありません。

現在は、非定型うつ病などの存在もあり、熟練した精神科医であっても「うつ病」の確定診断を下すのは、かなり難しいとも言われています。

ですから、一番多いのは、

 

「今のあなたは”うつ状態”ですね」

 

と言われるケースではないでしょうか。

これは、先にも言いましたように、「うつ病」と言われたのとは全然違うのですよ。

「うつ状態」であることは確かだけれど、何の病気の症状としての「うつ状態」であるかまでは、まだ診断出来ません、と言われているのだと理解して下さい。

なので、この段階で、「うつ病」との診断名での診断書を書いていただくのは難しくなるでしょう。

ですが、「うつ状態」との症状名での診断書は書いていただけるとは思います。

 

「うつ病」の確定診断が下るのには、ある程度の経過観察をしないと、熟練した精神科医でも難しいと言った意味で、「うつ病」と言う診断名での診断書は、もらうのに多少時間を要する場合が多いということなのです。

 

診断書の使用目的によって、「うつ状態」という診断書でも十分通用します!

うつ病 分かりやすく

 

この記事を読まれている読者の方で、

 

診断書を必要としているけれど、どうやってもらったらよいのかが分からない

 

と言う方がおられると思います。

まず、ご自分の中で、何のために診断書が必要なのかを整理してみて下さい。

そして、初診の場合で、すぐにでも休職なり休学なりをしたい場合には、

 

「これこれの症状で仕事が続けられないので、休職したいと考えているのですが・・」

 

などと医師に相談されるのが、まず、第一ではないかと思います。

しかし、休職なり休学というのはそれなりのリスクを伴うものです。

そのリスクを考えた上でも、休養が妥当と医師が判断すれば、初診時でも、「うつ状態」での診断書は書いていただけると思います。

ですが、そこまで追い詰められる少し前の時点で、医療機関を受診しておくことが、一番良いかと思います。

というのは、熟練した精神科医であっても、1度きりの診察で、「うつ状態」とは診断出来ても、そのレベルや休養の必要の有無等までの情報を得て、適切な判断を下すのは難しいと考えられるからです。

少なくとも、2、3回程度は受診をし、診察を受けたり、場合によっては、服薬をしてみて、診察時の様子(話し方、しぐさ、視線など医師は観察しています)や薬の効果などを考え合わせて、医師が、環境調整と言う意味でも休養が必要だと思われれば、医師の方から、休養を進めてくるはずです。

すなわち、休職なり休学を考えてはとの話が出てくるはずです。

このような流れですと、自然と、

 

「うつ状態により、〇〇の期間の自宅休養を要す」

 

などの診断書を書いていただけます。

ですから、「うつ病」に至っていない「うつ状態」であっても、早期に医療機関とつながりを持っておくことは、重要なことであると思います。

そして、休職・休学するにあたっては、「病名」を記載された診断書でなくとも、「症状名」を書かれた診断書、つまり、「うつ状態」との診断書でも、十分その効力があります。

 

まとめ

以上に書きましたように、使用目的によりますが、「うつ病」の診断書でなくとも、「うつ状態」の診断書でも、多くの場合は、診断書としての役割を十分に果たします。

そして、初診の段階で、診断書をもらうために来たと言うのでは、診察を受けに行った方の状態が重篤な場合は除外しますが、医師によってはあまり良い印象を持たれない場合が多々あるのではと思います。

中には、簡単に「うつ病」との診断書を書いてしまう医師もおり、それが欲しい方にはメリットかも知れませんが、そのような医師がいることで社会的にはあまり良い効果は期待できない、より強く言えば、デメリットの方が大きい”害”であることの方が大きく、社会的にも悪影響があると言わざるを得ません。

ですから、望ましいのは、本当に限界になる前に、医療機関を受診し、出来れば、診断書が必要な休職や休学等に至らずに済むようにするのが、まず、先決かと思います。
診断書が、即必要となる段階まで、1人でその苦しい状態に立ち向かうよりは、専門家の力を借りてみることです。

そして、ある程度、色々と試みても良い結果が出ない場合、ある程度のリスクが伴うことを考えても、休養することが必要と、ご自身も医師も考えるのであれば、自然と診断書を頂くということになると思います。

何しろ「うつ病」の初期段階での「うつ状態」で早期に治療を始めれば、「うつ病」に至らずに済む確率は高いと思われます。

切羽詰まった状態に至ってから、医療機関を受診することのないようにすることがベターかと思います。

しかし、本当にどうにもならない状態になってしまうまで、受診出来ず、初診時の状態(医師が観察した状態及び患者側からの主訴等)が、医師が診察しても明らかに、即、休養が必要な状態と判断すれば、診断書は、初診でも書いていただけると思います。

その際には、どのような状況にあり、どのような症状で苦しんでいるのかを伝えることが大切です。

それさえ伝えれば、医師の診断により休養が本当に必要と判断され、医師の方から休みましょうとの指示が出るはずです。

何度も言いますが、診断書をもらうこと自体は、そう難しいことではありません。
しかし、診断書をもらって行う行為(休職や休学など)には多かれ少なかれ、必ず、リスクがあることも考え合わせた上で、診断書を有効に活用して下さい。

うつ病で退職する場合は診断書が必要なの?

精神安定剤に似た効果のあるサプリメントや食べ物は?


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ