スポンサーリンク

病院の選び方~うつ病の治療では薬漬けにされてクセになる?~

うつ病が社会で広く認知され始め、

 

「私はうつではないかしら…」

「私は、確実にうつ病だな…」

 

などと自己診断しておられる方もいらっしゃると思います。

そのような方の中で、最近よく耳にすることがあります。

それは、うつ病の治療を受けると、あるいは、精神科にかかると、

 

「薬漬けにされる」

 

という噂話。

このことが原因で精神科あるいはメンタルクリニックの敷居が高くなり、受診することをためらっている方が意外と多いのでは?と懸念されます。

ちなみに、管理人である「うつ男」もそのような不安があったと語っています。

 

では、実際は、どうなのでしょうか?

本当に精神科にかかると、薬ばかり出され、薬漬けにされてしまうのでしょうか?

まず、精神科での主な治療法について概観し、その上で、薬を用いた治療(薬物療法)はどのような位置づけにあるのか、そして、実際にはどのような薬物療法が行われているのかと言う実態について、私の体験談と実際に聞いた話などを元に、皆さんと考えてみたいと思います。

ここで触れる治療法とは、外来通院で行うことが可能である一般的なものについてのみ言及します。

 

sponsored link

 

精神科を受診するまでに

うつ病 症状 理解

一度も精神科にかかった経験のない方は、精神科というと、

 

「どんなことをされるのだろう?」

「どんなふうに診察・治療は行われるのだろうか?」

 

という疑問というか、不安でいっぱいだと思います。

特に、今現在、こころの不調を抱えていて、医療機関にかかるべきか、まだ、行く必要はないかなとか、受診するほどの程度のことでもないかななどと、色々と頭を巡らせ、どうしたら良いのか決断がつかず、悩んでいる方。

そのような方向けに、まずは、

 

精神科はこんなところ

こんな医師がいますよ

 

というお話をしてみたいと思います。

 

精神科の受診に迷われている方に、まず最初に一言アドバイスをするとしたらならば、

 

「精神科は一般の内科や外科などよりも医師は優しく、接しやすい方が多い傾向にあるから安心して下さい。」

 

ということです。

まあ、あくまでという一般的な傾向ですが。

でも、一昔あるいは二昔前の精神科医というと、やはり他科の医師と変わらず、

「自分はお医者様だぞ!」

というような態度の方が多く見られた気がします。

それに比べたら、近頃は、若い世代の医師になるほど、優しく親しみやすい傾向は見られやすいようにも感じます。

 

あくまで、私の個人的な感想ですが、精神科医になる人は、意外と本来は、内気で物静かであったり、エネルギーを外へ向けることも不得手ではないのでしょうが、エネルギーを内へ向けて、人間の内面などに非常に興味関心を持っている人が多いように感じます。

それに加え、精神科医としてのスキルを身につけていますから、患者さんの感情に一緒に巻き込まれると言うこともなく冷静でありながら、こちらがうまく話せなくても、それをうまく引き出す(無理やりと言う訳でもなく)ことにも長けていますし。

とは言え、それぞれの医師が持っている個性が、医師としての個性としても、とても強く現れる分野の医師であるかとは思います。

ですから、正直言って、当たりはずれはあるとは思います。

当たりはずれというより、相性が合うか合わないかということです。

しかし、そうそう貧乏くじを引き続けることもないと思います。

ですが、何しろ、精神科の治療において一番大切なのは、

 

医師と患者の信頼関係(相性の良し悪し)

 

です。

だから、他人からの口コミや評判だけでは、あなたの症状の治療に本当に合った医師に出会えるかは分かりません。

その辺りが、医者選びの難しい点です。

 

ですから、まず初めは、ここの病院やクリニックに通い続けようなどというしっかりとした意思での受診でなくても良いと思うのです。

 

自分の要求する援助をしてくれそうかどうかを考える。

 

それには、1回きりの通院では判断できないでしょうから、少なくとも、数回の受診は必要かとは思います。

でも、その数回重ねるうちに、この医師に自分の治療を委ねてみても良いかなと思えるようであれば、続けて通院・治療すればいいと思います。

合わないと思えば、また、他の病院等を探すエネルギーが必要になりますが、自分の不調をラクにするためですので、また、他の医療機関を当たってみる、そうして、自分に合った医療機関というより医師を見るけることです。

そして、通院先が決まったら、腰を据えて、治療に専念しましょう。

 

精神科で行われる主な治療法は?

考えるシカ

とここまで書いても、具体的に

精神科の治療ではなにをしてくれるの?

と思う方も多いと思います。

基本的に、外来治療では、精神療法薬物療法ということになります。

 

精神療法とは?

 

「精神療法=カウンセリング」

 

と言うイメージを持つ方が多いかもしれませんが、実際には、精神科医による問診といったところでしょうか。

患者さんによって医師と話すことは異なると思いますが、主に身体と心の両方の体調について、受診日間にあった出来事や相談事などについての話をします。

そして、場合によってはアドバイスをもらったり、治療の方針の見直しや変更などが行われます。

 

法律的な決まりでは、この精神療法は、最低でも5分はしなければならないことになっています(挨拶等も含めてですが)。

これが、精神療法と言うものです。

 

支払い明細を見て

 

「精神療法に点数がつけられ、お金がとられているけれど、私はそんなの受けた覚えがないわ!」

 

と時折、思う方がいるようですが、医師とお話をすること自体が、精神療法と捉えられるのです。

ですから、本人が受診できずに、代理人が薬をもらいに行っただけなどの場合は、精神療法の点数は加算されないことがほとんどです。

 

薬物療法とは?

そして、もう一つの治療の軸が「薬物療法」です。

つまり、医師が患者さんの話を聴いて、そして、実際に診察をして、必要と思われる薬を処方し、その薬を飲むことによって治療をするということです。

今現在、うつ病の原因として、脳内の神経伝達物質の減少がその原因と考える説が一番有力視されています。

そのため、その伝達物質の減少を補い、食い止めるための、その部分に働きかける「薬物療法」が、どうしても治療のメインとなってきます。

 

では、薬にはどのような種類のものが有り、どのように処方されるのでしょうか?

うつ病には、抗うつ剤がメインに用いられますが、それに加え、眠れなければ眠剤を、不安や焦燥感が強ければ抗不安剤をなどと、症状とその程度によって、医師が処方する薬の種類と量を決めます。

患者さんはそれを服用することで、症状を改善させ、治療していきます。

 

この処方される薬が、精神科にかかると大量に出され、また、効かない場合には特に

 

ドンドン上乗せされていくのでは?

 

という心配、懸念をされている方が多いのではと思います。

では、実際はどうなのでしょうか?

 

これまでは、確かに多剤大量処方というものが横行していたのは事実であると思います。

しかし、これは決して、医師の儲け主義や単に効かないからと薬の上乗せばかりをしてきたということだけではありません。

薬の効果が得られないために、やむを得ず、大量に様々な種類の薬を使わざるを得なかったケースも多々あったということです。

ここ10年ばかり前からでしょうか。

新しい薬が次々と発売され、これまで、多剤大量処方を強いられていて副作用にも苦しんでいた方が、新薬を単剤で処方されるようになり、副作用も少なくなり、一度に十何錠も飲むなどと言うような事例はほぼなくなってきるのではと思われます。

ですから、「薬漬けにされる」と不安は必要以上に抱く必要はないと思います。

 

もし、うつの状態がそれほど重くなく、

 

精神療法のみで治療したい

 

ということであれば、そのような希望を医師に伝えてみることも大切なことです。

そして、医師の意見も参考に、薬の服用について改めて考え、それでも、

 

「薬なしで治療したい!」

 

と思えば、その意志を表明すればよいのです。

それをあなたの状態では認められないと言うのであれば、医師としてしっかりと服用の必要性を説明をし、薬を処方するはずです。

 

治療は、治療者と患者の合意の元に展開されていくべきものです。

納得いくまで話し合いましょう。

また、最初は薬なしで精神用法のみでやりたいと思い、それを実行してみたけれど、うまくいかないので、薬を試してみたいと思うようになったとします。

その場合は、その意志を示せばよいのです。

それくらい、医師は患者の希望を汲み取り、臨機応変に対応して下さるものだと思ってよいと思います。

 

最近は、多剤大量処方から単剤処方へ

 

抗うつ薬 種類 

 

以前は、本当に大量の同じような作用を持つ薬が複数同時に処方されていたり、とにかく、多くの薬が、しかも量的にも多く処方されてきた(多剤大量処方)時代が長く続きました。

しかし、時代は、単剤処方へと変わりつつあります。

 

さらに、法律的にも様々な対応がとられ始め、昨年からは特に、

 

〇〇剤は2種類まで

××剤は1種類のみ

 

など、より制限が厳しくなり、処方する医師の側からすると、実際の治療場面を見ていない実際の治療の場に即していないとの意見も出ているようですが、薬を処方し過ぎると、医療機関側がチェックを受け、保険点数が削減されるなどの処置がとられるなど、

 

「可能な限り単剤処方で、適切な量の処方を」

 

という方針が国からも示されています。

 

薬漬けにする医療機関は存在するのか?

これは、このような法律の改正などもあり、今現在の正確な情報はつかめません。

ですが、これまでの状況を知る者としては、確かに、うつ病なりの精神疾患は薬さえ飲んでいれば良いとの医師の考え方があまりに強烈に反映されていた場合、薬漬けと言われてもおかしくないくらいの処方をしていた医療機関があったことも事実だ思います。

実際に、うつ病の治療をするにあたり、医師が

 

「私は薬を処方するのが仕事だし、それだけで良くなればそんな楽なことないもの。」

 

とハッキリと宣言し、精神療法よりも薬で病気を治すことに重点を置き、薬で病気を抑えると言った感じの考えをお持ちの医師もいらっしゃるのは事実です。

こういった医師は、本当に薬をバンバン出してくるといった感じです。

ですが、もうこれは、実際に、少なくなってきつつある例だと思います。

 

余談ですが、多剤大量処方に対し、断薬減薬をめざし、精神疾患に薬は必要ないとする考え方をする真反対の考えをする医師もいる時代です。

ですが、基本的に今は単剤処方の時代ですから。

 

まとめ

まず、今の時代、薬漬けにされることを恐れて、受診への一歩を踏み出さずにいるのは間違いだと思います。

他の理由もあるのなら、分からないでもないですが。

薬漬けにされてしまうと感じたら、医療機関を変えたらよいのです。

自分が納得できる医療機関の医師に治療を受ける権利を患者は持っているのです。

 

もし、事前に精神科は薬漬けにされる傾向があるとの懸念をお持ちでしたら、自分が、処方された薬をきちんと自分で把握し、

 

ドンドン増えているのか

色々な薬を試して段階なのか

 

などをきちんと見極めたうえで、「これは薬漬けにされている、されてしまう!」と感じたなら、それなりの行動を起こす。

その見極めを自分でしっかりとすることです。

現代は、地域差はありますが、メンタルクリニックなどの数が増えてきています。

もし、薬漬けにされそうならば、他の医療機関に移ることも視野に入れて、最初から、薬漬けのことを心配し過ぎて早期治療を逃すことなく、医療機関を訪れていただきたいものです。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ