スポンサーリンク

太る副作用のある抗うつ病薬の名前と原因は?

うつ病、あるいはうつ状態の方で、抗うつ薬を服用している最中に、

 

体重がものすごく増えた!

 

という経験・お悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

あるいは、うつ病で治療している知り合いと久しぶりに会ってみたら、

 

前と比べ物にならないほど太っていてビックリ!

 

なんていう体験をしたことのある方、おられませんか?

そうなんです。

うつ病というと、食欲もなくなり食べられる量も減るので、痩せるのでは?と思われがちですが、意外と太る方が多いのです。

実際には、うつの程度が重く、全然食べられないために、痩せるというケースもありますが。

要するに、うつ病になると体重の変化を来たしやすいということは明らかなようです。

 

「抗うつ薬を飲んで太った。薬の副作用では?」

 

との疑問が、薬を飲み続ける上での不安になっておられる患者さんも事実おられます。

そして、その「太る」という副作用のために、薬の変更をしてもらったと言う方もいると思います。

 

では本当に、

抗うつ薬は太る副作用を持つ薬なのでしょうか?

また、どの抗うつ薬が太る薬なのでしょうか?

更に、なぜ、太る結果になるのでしょうか?

このあたりのことについて、今回は考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

抗うつ薬の服用で「太る」と言う事実はある?

考えるシカ

 

答えは「あります」です。

本当に、抗うつ薬を服用することで、体重増加という副作用は存在するのです。

実際に、薬の添付文書などにも副作用として、体重増加(食欲増進)が記載されているものもあります。

ですから、うつ病になり、「抗うつ薬」を飲んでいたら、太ってきたというのは、うつで食欲が落ちていたものが回復してきたと言う面もあるでしょうが、それ以外にも、薬そのものに、体重を増加させる、つまり、食欲を増進させる作用がある薬も存在するためなのです。

 

なぜ、太るのか?

では、なぜ、抗うつ薬を服用すると太る、あるいは、食食増進につながるのでしょうか?

抗うつ薬の中でも「抗ヒスタミン作用」のある薬には、その副作用に「食欲増進作用」があるのです。

参考記事:抗うつ病薬の名前・種類を一覧にして紹介

 

どういう仕組みによるものかと言うと、ペプチドホルモンの1つである「グレリン」と言う物質が原因です。

この物質は、インスリンや中性脂肪、コレステロール値などを変動させずに食事を摂る量を増やしてしまうという作用を持つと同時に、体脂肪の利用を抑制する作用を合わせ持っているのです。

このため、グレリンを含む抗うつ薬を飲むと、食事を摂る量が増え、体脂肪も燃焼されないので、次第に体重が増えていくことにつながるのです。

 

因みに、この「グレリン」と言う物質は、抗うつ薬のように脳内に入るのではなく、直接お腹や血管に入った場合でも、体重増加が確認されているそうです。

またさらに、抗うつ薬の中で、「セロトニン受容体遮断作用」を持つものは、満腹中枢を刺激しなくなるために食欲が亢進し、グレリンの分泌を促進するという作用機序をによって、抗うつ効果を期待した薬なのです。

ですから、この「セロトニン受容体遮断作用」を持つ抗うつ薬も、体重増加につながると考えられます。

つまり、「抗ヒスタミン作用」や「セロトニン受容体遮断作用」のある抗うつ薬は、体重増加を招く副作用を持っているということなのです。

 

太る傾向が大きいと思われる抗うつ薬は?

では、この抗ヒスタミン作用やセロトニン受容体遮断作用のある抗うつ薬には、具体的にどんなものがあるのでしょうか。

まず、抗ヒスタミン作用の強い抗うつ薬として、新薬の中では

 

リフレックス

パキシル

 

が含まれます。その他に、

 

三環系の抗うつ薬

(トリプタノール、トフラニール、アナフラニールなど)

 

も抗ヒスタミン作用の強いお薬です。

参考記事:抗うつ病薬の名前・種類を一覧にして紹介

 

太らないための対策は?

しかし、これらの薬を服用していたからと言って、必ずしも副作用である体重増加と言う現象が現れる訳ではありません。

薬とは、その効果が人によってそれぞれ違いが見られるように、副作用の現れ方にも個人差があります。

ですから、体重が増え、太った理由を、薬の副作用だけに求めるのは、少し早急過ぎます。

他に太るような要因はないか考えてみましょう。

 

うつ状態、あるいは、うつ病であれば、あまり積極的に動く気力もないですよね。

そうすると、自然と活動量は減ります。

また、憂うつな気分で部屋に籠りながら、何かついついつまみ食いをしているケースなども、体重増加に無関係とは言えませんね。

確かに、体重増加の原因は薬の副作用もあるでしょうが、それ以外の要因もプラスされて、余計体重が増加しているのかもしれませんよ。

その辺りもよく見極め、自分で出来る体重コントロールの方法はないか、生活習慣を見直すなどの対策も考えてみましょう。

 

まとめ

抗うつ薬の中に、体重増加と言った副作用を持つ薬は確かに存在します。

それが、どの抗うつ薬であるのかと言う知識をあらかじめ持っておくことは有用であると思います。

そのような知識を持った上で、自分の出来る範囲で、自分の行動によって更に体重増加をさせるような生活習慣はないかなどを検討し、問題点があれば見直すことによって、体重増加の程度をほんの少しかもしれませんが、抑えることが可能かもしれませんよ。

また、特に、女性にとっては、「太る」こと自体とてもイヤなことですし、ストレスになりますよね。

そのような場合は、遠慮することなく、医師に相談されることをお勧めします。

体重増加を招かない同様の効果を期待できる薬があるかもしれません。

医師のお考えを聞き、うつを治すことを優先して多少の体重増加と言う副作用は我慢するのか、太るのを避ける薬に変更してもらうかなど、医師と一緒に相談しながら、服用する抗うつ薬を選択するのがベストであると思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ