スポンサーリンク

思春期のうつ病によくある症状と特徴は?

世の中全体において、うつ病の方が増えてきています。

ということは、子供のうつ病や思春期のうつ病の患者さんも増えてきていることも容易に想像がつきます。

そこで、今回は、子供の中でも、小学校高学年から中高生といった「思春期」の方のうつ病について、よくある症状と特徴を整理してまとめてみたいと思います。

 

sponsored link

 

思春期特有の単なる悩みと精神的な病気

この思春期とは、子供とも大人とも言えない、とても微妙な年頃です。

そして、大人へと変わっていく途中の大変不安定な時期であると言えます。

ですから、この時期は、精神疾患、つまりうつ病を始めとする様々なこころの病気を発症しやすい時期でもあり、実際、精神疾患を発症させる方も少なからずいるのです。

でも、非常に難しいのは、この思春期の子供の示す言動等が、単なる思春期特有の「悩み」から生じているものなのか、精神疾患などの「病気」による症状であるのかを見極めることです。

これは、こころの専門家である精神科医であっても、難しいことのようです。

しかし、「悩み」「病気」を見極めるのは非常に重要なことです。

病気であった場合、早期に発見できれば、早期に治療を開始することができるからです。

そう言った意味でも、この両者を見極めることはとても大切なのです。

 

思春期特有の症状ってある?

この思春期の年頃になると、これまでの児童期にあたる子供達が示すうつ病の症状とは、少し異なるものを示すようになります。

これが、思春期の特徴ともいうべき症状なのでしょうか。

 

児童期のうつ病の子供たちは、うまく言葉で抑うつ気分を表現できないため、イライラしたり、感情的になったり、反抗的な行動をとったり、問題行動を起こして、自分の状況を現そうとします。

時には、単に、「頭が痛い、お腹が痛い」などと身体的な不調として訴えるような形で、うつの症状を示します。

参考記事:子供のうつ病に多い症状・特徴は?

 

これに対し、思春期になると、具体的な症状としては、

 

元気がない

疲れやすい

集中が出来なくなる

 

などの症状が多くなり、何するのも億劫になり引きこもりのようになります。

興味関心を示しそうなテレビやゲームにも無関心になり、何もせずにぼんやりとして、時間だけが過ぎてしまうような感じになってしまいます。

このように、一見、大人しいだけに見えるのですが、時には家庭内暴力を起こしたり、学校の備品を破壊したりなどもします。

このような症状を示すのは、うつ病の基盤に、抑うつ気分と自暴自棄な気持ちがあるためなのです。

この他に、

 

頭痛や腹痛

不眠などの睡眠障害

食欲不振などの身体的な症状

 

も合せて示すのも特徴です。

以上に示したような例が、子供でも大人でもない「思春期」の年頃の彼らが示す、うつ病の症状の特徴なのです。

 

思春期は様々な精神疾患の好発年齢。他の精神疾患の可能性も考えて・・・

しかし、このような抑うつ気分を基盤とした行動等が見られたとしても、それを単なる思春期特有の悩みと片付けるか、こころの病気が原因であるものと考えるのか、この両者を見分けることは、専門家でも慎重にならざるを得ないもののようです。

そして、こころの病を疑う場合には、今回のテーマである「うつ病」である可能性もありますが、この年代が好発年齢となる「統合失調症」の初期の抑うつ気分ででないかを、見分けることが肝要となります。

一般の素人にはこの両者を区別することをはじめ、「悩み」「病気」かすら見分けるのは困難かと思います。

ですから、疑わしい時は、まずは、学校の養護教諭に相談し、次いで、専門医である精神科医の診断を仰ぐことです。

素人判断で、このいすれであるかを自己判断してしまわないことです。

間違った治療は、症状の改善に遅れを生じさせてしまいますので。

 

まとめ

以上のように、思春期のうつ病は、この時期特有の症状を呈することが分かりました。

思春期は、うつ病を始めとする精神疾患の好発年齢であることを念頭に置いて、次のような状態が見られる場合は専門家に相談することのポイントにして、検討してみて下さい。

 

・本人の苦痛がかなり強いような時

・学校生活や家庭内での生活における支障が大きい時

・社会との関わりがほとんどないと言う場合

 

というこの3つの点です。

もし、うつ病を含む精神疾患であるという最悪のシナリオも想定して、早期発見早期治療ができるような体制を整えておくことが、家庭や学校において、とても重要になってきます。

思春期のお子さんを温かい目で、見守っていきましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ