スポンサーリンク

職場復帰したけど何だか気まずい・・・うつ病患者はどう接する?

うつ病患者数が増えている中、休職する方も増え、そしてまた、職場復帰する方もおられます。

そんな職場復帰した方の中には、元の職場に戻って、職場の方とどのように接したら良いのか戸惑っている方も少なくないかと思います。

そこで、今回は、「うつ病患者の周りへの接し方 職場復帰したけど何だか気まずい・・・」と題した職場復帰した人の側からの職場の人との接し方について、考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

自分の現在の病気の状況を客観的に捉える

うつ病 分かりやすく

漸く、職場復帰できるところまで回復したわけですが、うつ病を患って療養していた方は、職場復帰するにあたって、

 

今、自分の病気はどのような位置にあるのか?

どのような症状が残っているのか?

 

などを復帰するにあたって、改めて、見直すことが必要です。

そして、

 

「自分はうつ病になりやすい体質を持っているのだ」

 

という自覚を持つことが重要です。

職場復帰するのは、回復期とか維持期と呼ばれる時期であって、たまたま安定した良い時期であることを認識すべきです。

再発、再燃と言うこともあり得るのだと言うことを頭に入れて、職場に復帰して下さい。

参考記事:うつ病の症状はどういう風に経過するの?

 

復職した職場の周囲の方との接し方

実際に職場に戻り、上司や同僚らと接することは、休職していた身にとっては、それだけでかなりのストレスになります。

うつ病に罹る方は真面目な方が多いので、

 

休んで迷惑をかけた分の仕事を早く取り戻さないと!

 

などと考えたりすると思うのですが、それは厳禁です。

そうすることは、周囲の方達にも更に心配をかける結果になります。

今現在、ストレスの少ない状況の中で出来る範囲の仕事をする、と言うスタンスを周囲に示すことが、職場復帰者の示す理想的な姿勢であるかと思います。

 

そして、

 

「自分はうつ病になってしまった弱い人間なんだ・・・」

 

などという否定的な感情を持つことなく、病気になる前と同じに、なるべく自然体で、周囲の人と接することです。

しかし、自分で「これはストレスになるな」と思うことは避けるようにしましょう。

ですから、とりあえずは、自分のその時の体調を素直に表現して、ムリもせず、怠けもせず、自然にできる範囲の仕事をするというスタンスをとることです。

 

まとめ

以上のように、職場復帰する方は、再び職場に戻ることで、ストレスを再び増やすことになりますが、迎え入れる方も、それなりの配慮をして下さって、これまで以上の気を配ってくれているのです。

ですから、それに甘え過ぎるでもなく、でも、周囲が再発を心配するくらい頑張るのでもなく、その時々に出来るだけの仕事をするという姿勢で、両者が安心していられる職場になるようにしていきましょう。

うつ病になりやすい体質を持っていることを忘れずに、徐々に、職場に慣れていくようにしましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ