スポンサーリンク

うつ病の人への接し方 職場復帰した人への対応は?

うつ病が社会で増加をし続けている中、あなたの職場でも、うつ病で休職している方もおられることでしょう。

そして、休職期間が終わり、復職してきた方が、身近にいるような場合もあるでしょう。

一旦、うつ病になり、休職したが、復職してきた方、そういう方にどのように接したら良いのか分からないと言う人は、意外と、多いのではないかと思います。

そこで今回は、「うつ病の人への接し方 職場復帰した人への対応は?」ということについて、考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

うつ病は、再発、再燃しやすい疾患。対策は?

考えるたぬき

うつ病は、骨折などの怪我のように、完全に直線的な回復と言うものはありません。

一度、うつ病にかかった方は、再発や再燃をしやすい傾向、つまり、再びうつ病になってしまう可能性が高いのです。

簡単にいえば、風邪にかかりやすい体質、お酒に弱い体質のようなものです。

つまり、ストレスによって、うつ病になりやすい体質を持っているということでしょうか。

ですから、職場復帰した時期も、うつ病相とうつ病相の間の安定を維持している「維持期」である可能性がある訳です。

参考記事:うつ病の症状はどういう風に経過するの?

 

だから、休職する前と全く同じような職場環境では問題があるのです。

職場のストレスが発症の原因でなかったとしても、一日のうち、社会人は職場で過ごす時間が一番長いのですから、その一番長時間過ごす場所で受けるストレスが全く問題にならないと言うことは考えられません。

ということで、職場復帰した方には、以前と同様の社会人生活に戻るのではなく、

 

職場での仕事量

仕事の種類

人間関係

 

など諸々のことについて、多面的にストレスが少しでも軽減するような職場で仕事が出来るよう、過去の職場でのことを振り返る作業をしてもらう必要があるのです。

それと共に、職場復帰してくる人を迎え入れる上司や同僚、そして、後輩も、その発病してしまった方がなぜうつ病になってしまったのかを考え、自分は、その方にストレスを与えていなかったか、ストレス源になっていなかったかなど振り返り、戻ってきた方と一緒に、職場環境等の見直しを行う必要があります。

 

職場復帰した方への対応

先にも記したように、職場復帰した方は、いわゆる、病気が完治したわけではないのです。

ですから、以前と全く同様の付き合い方をしたのでは、再び、うつになる可能性を秘めているのです。

そこで、どのように接したら良いのかですが、その方がうつ病になったのは、その方が元々持つ素因(性格など)も関係あるでしょうが、職場環境も影響していると考えられます。

ですから、同じ職場で働く方は、うつ病になられた方を他人事のように眺めるのではなく、

 

「明日は我が身」

 

という気持ちを持つ必要があります。

そのような気持ちを持ちながら、職場復帰してきた方に接することは大切かと思います。

職場復帰をした方には、自身でうつ病になってしまった要因を考え、仕事の仕方についても見直しをしてもらわねばなりません。

しかし、迎え入れる側もうつ病になりやすい傾向を持つ方なのだという見方をして、ストレスを過剰に与えたり、ハードな仕事を任せたりすることのないよう配慮をした接し方が必要になってきます。

 

ですが、職場復帰した人は、休んだ期間の仕事を取り戻そうと、よりハードに仕事をしようとしたり、

 

「もう治ったので大丈夫です」

 

などと言ったりする場合がありますが、その言葉を過信してはいけません。

職場復帰した方は、うつ病になりやすい傾向をもっているということを、職場の方は、常に、頭の片隅に入れておいて下さい。

そして、復帰した人には、なるべく普通に接し、腫れ物に触るかような接し方はしないようにしましょう。

また、まだ、と言いますか、このような傾向を持つ方に対しては、いつでも

 

「頑張れ!」

 

などのような激励の言葉は厳禁であると認識しておいて下さい。

元来の性格がまじめすぎる傾向があるのですから。

言われなくても、頑張り過ぎてしまうのです。

服薬は続けている可能性が高いので、

 

周囲を気にすることなく、薬を飲める環境を作ること

いつでも受診可能な勤務体制をとっておくこと

 

なども重要になります。

最後に、やはり、まだ回復途中とも言えますので、仕事上の大きな決断をさせることはストレスを増大させることになりますので、避けるようにしましょう。

しかし、特別扱いされていると感じるような接し方はまずいのです。

受け入れる方も難しいとは思いますが、なるべく普通に振る舞う中で、さり気なく、職場復帰者へのサポートをするよう心掛けましょう。

 

まとめ

職場での最も大きなストレスは人間関係とも言われています。

ですから、日頃から、職場での人間関係がより良いものになるよう、職場全体で環境を整える努力を続けていくという心構えが、新たなうつ病の方を作らないためにも、大切かと思われます。

職場復帰は焦らず、徐々にさせていくように心掛け、大きすぎる期待をしないなど、うつ病に罹る脆弱性をかかえているのだということを念頭におきつつ、かつ、患者さん本人が、特別視されていると感じて悩み苦しむことのないよう、適度な配慮を心掛けるようにしましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ