スポンサーリンク

抑うつ状態で休職する時も診断書は必要?

「最近身体がダルく、何をするにも億劫」

「考えがまとまらず、仕事がうまくいかない」

「泣いてばかりいる」

など、抑うつ状態になると上記のような症状が現れてきます。

また、抑うつ状態は様々な病気で現れる症状の1つです。

特に、抑うつ状態が続いたことがきっかけで「うつ病」などの精神疾患となる可能性があり、それが原因で命を絶ってしまう人もいるのです。

そうならないために、「もう限界だ」と感じだら休職することも考えてみてください。

ここでは、抑うつ状態が原因で休職する際に診断書は必要なのか、休職する際に何をすればいいか、ご紹介したいと思います。

 

sponsored link

 

休職する際に診断書は必要?

うつ病 症状 接し方

診断書というものは、状態を示す証明書のようなものです。

そのため、診断書がないと抑うつ状態ということを示すことができません。

つまり、休職するためには診断書が必須です。

 

私の場合は、2回とも診断書をもらい、会社や上司に提出していました。

そして、人事部などの監督する部署に提出してもらい、提出した翌日から休みました。

ただ、すぐに休職扱いとなるかは会社によって異なると思います。

場合によっては有給休暇も消費する場合もあります。

 

ちなみに、休職期間ですがおそらく初めは1か月2か月という単位で出され、

「自宅療養を勧める」

という形が多いのではないかと思われます。

 

診断書はどこでもらえるの?

診断書は、心療内科精神科などで貰うことがてきます。

私の場合は、2回とも心療内科でした。

個人的にですが、初めて受診するのであれば、精神科よりも心療内科の方がハードルが低く行きやすい気がします。

しかし、心療内科の中には、内科を得意としている医師が「心療内科」を開業している場合もありますので、精神科を得意としている心療内科を受診するようにした方がいいと思います。

ただし、注意しておいてほしいのは今すぐ診断書が必要だからと言って、初診で診断書を書いてくれる場合は少ないということです。

というのも、抑うつ状態などの精神的な症状の場合、客観的にその度合いを判断することが難しいためです。(明らかに重症な場合はすぐに分かるそうです。)

うつ病の診断書をもらえるまでに掛かる通院期間は?

そのため、本人が休まなければならない状況・体調であっても、医師はその必要性を感じず、診断書を出さないケースもあります。

ですから、本当に辛くてどうしようもない場合は、セカンドオピニオンとして他の病院を受診してみて下さい。

 

また、うつ病などの精神疾患の場合、主治医との付き合いは長くなることが一般的です。

そのため、自分のことを理解してくれない医師の診察を受けていても、

本当にこの診断は正しいのか?

この治療法で効果があるのか?

と考えてしまい、安心して治療を受けることができません。

医師の中には先ほどの心療内科の件のように、精神科を得意としていない医師もいるので、インターネットなどでできるだけ情報を収集して、安心して受診できそうな病院を見つけましょう。

自分に合う精神科(メンタルクリニック)や心療内科の病院の探し方は?

 

 

おまけに最近では、「うつ病」という言葉が世間に浸透し、

「会社を休みたいからうつ病になろう!」

というようなことを考えて、「うつ病のフリ」をして精神科を受診する輩まで現れているそうです。

ですから、病院を受診したからといってすぐに診断書を書いてもらえるわけではありません。

医師があなたの症状を断定するまでは時間がかかる場合もあります。

その時は辛いかもしれませんが、少しの間だけ辛抱しましょう。

本当に限界である場合は、セカンドオピニオンとして別の病院を受診することも大切ですけどね。

 

休職する際に知っておいて欲しいこと

うつ病 分かりやすく

 

「一刻も早く会社から離れたい」

そう思っている方も多いと思われます。

しかし、休職するときに、

「自分が休職した後どうなるか」

を知っておいて欲しいんです。

 

なぜなら、私の場合は「休職扱いだから」と言われて安心していた結果、契約が更新できず解雇となりました。

ちなみに、かなり大手の広告ビジネスの会社です。

ただ、私はその時正常な判断ができませんでした。

とにかく楽になりたいという、一心で休職したいと思っていました。

というのも、前職でうつ病を経験した際には、きちんと休職出来ていたので、今回も休職しても大丈夫だろうという慢心があったと思います。

 

決して休職するなということではありません。

自分の心や肉体が壊れてしまうことだけは避けなくてはなりません。

何が言いたいかというと、ここでは休職する方法についてご紹介していますが、気持ちにまだ余力があれば、事前情報として休職について調べておいて欲しいのです。

「抑うつ状態なので、休職したいです。でも、後のことは分かりません。」

こういった場合だと「休職したけど、収入がない、退職に追い込まれた」などが有り得ます。

経験上、休職が必要な状態ではなかなかこういうことまでに頭が回らないことも重々分かるんです。

でも、自分の身を守るために友人や、家族に協力してもらいつつ、対処していって欲しいです。

 

まとめ

抑うつ状態がひどく、どうしようもないと考えている人は、休職という手もあります。

その際は精神科や心療内科で、きちんと医師の診断を受け、診断書を貰ってください。

 

ただし、休まざるを得ない状態なのに、適切な判断がされず、診断書をもらうことができない場合もあります。

その場合は、別の病院で他の医師の診断を受ける(セカンドオピニオン)といったことも必要でしょう。

 

また、休職する前にやることですが、休職に関する会社の規則や、待遇を確認しておくとなお良いと思います。

休職できたは良いものの、その後になって不利な待遇や解雇などになったら生活ができなくなってしまいますから。

と言っても、休職が必要な状態になっていたら、そんなこと気にしていられませんけどね・・・

自分の生活や今後の将来を守るために、ぜひこれはやっていただければと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ