スポンサーリンク

これは禁句!?うつ病の人への接し方は?

「うつ病」と言う病気が市民権を得てきたことに伴い、

 

「こういう言葉は、うつ病患者さんには禁句なのよ!」

 

というような話題も、結構出てくるようになりました。

その代表的な言葉が、

 

「頑張って!」

 

つまり激励してはいけないということ。

しかし、言葉ばかりが一人歩きしていて、なぜ、その言葉を使うことが、うつ病の患者さんの治療の妨げになるかということは、あまり考えられていないようです。

ですから、

 

この言葉かけは良いのかしら?

あの言葉は?

 

などと次々と疑問になり、また、不安になるのです。

そこで、今回は、「これは禁句!?うつ病の人への接し方」と題して、どのような言葉が禁句であるのか、何故その言葉が禁句とされるのかと言う理由と共に考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

これは禁句!?うつ病の人への接し方

禁句 うつ病

 

うつ病患者さんに、こういう言葉を言っても良いのかしらとか、言葉一つ一つにこだわって、何をどう話して良いのか迷われ、困っている方も多いことと思います。

そこで、具体的な言葉というより、どのようなニュアンスを含む言葉が禁句なのかを3つにまとめて紹介してみたいと思います。

 

1.うつ病を軽視するような言葉

まず1つ目は、「うつ病を軽視するような言葉」です。

 

「憂うつになることは誰にだってあることよ!」

「たいしたことじゃないわよ!」

 

などの「うつ病」の本当の苦しさを理解していないかのような言葉です。

「うつ病」は単なる気持ちの落ち込みとは異なり、脳内の神経伝達物質の減少による脳の病気であって、誰にでも起こり得ることです。

しかし、ただの憂うつな気分とは全く異なるものなのです。

気合努力などの自分自身の力でどうにかできるようなものではないのです。

ですから、このような発言は、病気の無理解から発せられた「うつ病」を軽視したような発言になるわけです。

うつの時は、患者さんの思考はネガティブになりやすいですから、先に示した言葉は、

 

「見下された」

「全く理解してくれていない」

 

等の気持ちにさせてしまう言葉となるのです。

ですから、うつ病を軽く見たような発言は慎む必要があるのです。

 

2.励ましの言葉

次に、良く言われる「励ましの言葉」です。

その理由は、頑張ろうとしても頑張れないのがうつ病なのです。

ですから、患者さん自身は頑張れないことに悩んでいる訳で、そこへ、周りの人から励ますつもりで、

 

「頑張って!」

「できるわよ!」

 

などの励ましの言葉をかけられると、本当に崖っぷちに追い込むようなことになるのです。

人一倍頑張った結果、うつ病になったのですから当然ですよね。

だから、激励の言葉は禁句なのです。

 

3.負の感情的な言葉

最後に、患者さんに対して、発言者の「負の感情的な言葉」は禁句です。

うつ病の方は自分を責める傾向が非常に強く、自信を失っていることが多いのです。

そこへ、

 

「だめじゃない!」

「もう少しなんとかならないの!」

 

のような発言者が持つ負の感情の入った言葉をかけられると、

 

「やっぱり自分はダメなんだ…」

 

と追い打ちをかけることになってしまうのです。

ですから、うつ病の方へは、発言者自身が患者さんに対して不満や否定的な負の感情を持ったとしても、それを口に出して言うことは厳禁なのです。

 

まとめ

以上のように、これこれの言葉が禁句というのではなく、

 

・うつ病患者さんの思考のパターンであるネガティブな思考を後押しするような言葉

・自信のなさを更に深め崖っぷちに追い込むような言葉

・自責の念や自信喪失感を深めるような言葉

 

これらに当てはまる言葉は禁句なのです。

ですから、うつの方へ接する際に、言葉がけをする時は、相手の気持ちを第一に考えて、

 

「よりうつにさせるような言葉はすべて禁句なのだ」

 

というくらい慎重に考えながら、言葉選びをして下さい。

回復してくるにしたがって、以前は非常に心に響いて苦しかった言葉も、徐々に、普通の人と変わりなく受け止められるようになりますから。

何か不用意な言葉がけをして、患者さんに響いてしまった場合は、まだまだうつの真っただ中にいるのだと理解し、使う言葉にはより注意するように心掛けましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ