スポンサーリンク

抑うつ状態で休職することってできるの?

「最近頭が働かない」

「休みの日にどこにも行きたくない」

「気力が湧かない」

など、抑うつ状態になると、生活面で様々な症状が出てきます。

そのため、会社においてもそれが現れてしまい、失敗を繰り返し叱責を受けるなどして、

「もう会社に行きたくない!!」

と思い、休職する道も考えるのではないでしょうか。

ここでは、抑うつ状態の症状と合わせて、抑うつ状態で本当に休職できるか?についてご紹介します。

 

sponsored link

 

その前に抑うつ状態って何?

イヌ 困った

抑うつ状態は、日々のストレスや身体的な不調などで気分が落ち込み、身体の至るところに不調があらわれる状態です。

精神的な症状としては、

  • 「集中力が散漫になる」
  • 「人と一緒にいたくない」
  • 「悲観的にしか物事を考えられない」

などがあり、仕事だけでなく、プライベートにも支障が出ます。

私の経験談だと、

  • 「普段なら簡単な作業もできなくなる」
  • 「頭が働かず何を言っているか分からなくなる」

などがありました。

 

また、身体的症状としては、

  • 「睡眠不足」
  • 「息苦しい」
  • 「肩や腰などの関節痛」
  • 「胃の不快感」

などがあります。

大した運動もしていないのに、異常に肩こりや腰痛があるケースも私自身ありました。

こういった症状が当てはまり、普段の自分のパフォーマンスが発揮できないなどあれば、抑うつ状態を疑ってみてもいいかもしれません。

関連記事:抑うつ状態(うつ状態)ってどんな症状が現れるの?

抑うつ状態で休職できるの?

うつ病 症状 理解

先ほど、抑うつ状態がどういう状態かご説明しました。

では、次は抑うつ状態で休職できるのかについてお伝えします。

結論から言うと、抑うつ状態で休職することはできます。

と言うのも、私自身がそうだったからです。

 

私の場合は、抑うつ状態という事で診断書を貰いました。

そして、その診断書には「1ヶ月自宅での療養を行うこと」と記載されていました。

その後、会社の上司、そして人事部へと資料が行き渡り、休職することとなりました。

確かに今思い返すと、抑うつの症状がひどく、休まないともっとひどい状況になっていたのではないかとゾッとします。

 

ちなみに、診断書ですが心療内科の医師に書いてほしいと言ったわけではなく、今の自分の状況と、心身面の不調を訴えました。

その時ですが、自分の心情を言ったときに嗚咽が止まらなくなったことを覚えています。

そういう状況下だったからか、医師も休ませるようにした方がいいと思い、診断書を書いた可能性もあります。

ですが、いずれにせよ、休職するのであれば診断書がないと休職はできません。

そのため、診断書を書いてくれる心療内科やクリニックを探すことも大事です。

関連記事:うつ病になった時の診断書のもらい方は?

関連記事:自分に合う精神科(メンタルクリニック)や心療内科の病院の探し方は?

 

休職するにあたっての注意事項

うつ病 分かりやすく

休職する前に、会社の就業規則や労働条件に目を通しておきましょう。

会社の中には、一定期間休職をした場合解雇となるケースや、休職期間中に給与がゼロになったりするケースがあります。

休職したがゆえに、自身の生活や雇用が危機に陥ることもありえます。

私の場合は、就業規則を細部まで読み込んでおかなかったがゆえに、色々な諸事情が重なり、解雇となってしまいました。

つまり、

「休職によって自分が会社でどうなるか」

を知っておかなければならないということです。

 

もちろん、うつ経験者からすると、体調を治すことが第一優先です。

重度のうつになると、完治(正確には「寛解」)しないか、あるいは、時間がかかる場合が多いです。

 

今悩んでいる方は、本当につらい状況にあることと思います。

でも、あなたの将来や未来のために、今休職したらどうなるのかを知っておいて下さい。

それを知っておくだけでも、今後の対策というのもとれると思いますよ。

 

まとめ

「抑うつ状態」で休職するためには診断書をもらい、会社や上司に申請すればできます。

しかし、会社の中には休職制度が整備されていない会社もあります。

そのため、もし気持ちに少し余裕があるならば、会社の休職制度について詳しく調べてみましょう。

思わぬところで不利益を被るのは自分ですから。

自分が辛い状況に陥らないためにも、

「一刻も早く会社から離れたい・・・」

とは思いますが、そこだけは注意してほしいと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ