スポンサーリンク

なぜ?ストレスチェック制度が義務化された背景は?

会社 ビル

ストレスを感じやすいこの世の中。

企業の中には、労働者のメンタルヘルス管理を目的に、ストレスの度合いを測る検査を実施している企業もあります。

現状はそういった検査は任意でしたが、この度2015年の12月1日より「ストレスチェック制度」というものが義務化されることになります。

では、一体なぜストレスチェックの実施が義務となったのでしょうか。

ここでは、ストレスチェック制度の概要や義務化の背景、その義務化による効果についてご紹介したいと思います。

 

sponsored link

 

ストレスチェック制度の概要

ストレスチェック制度とは一体なんなのか。

まずはその概要からご説明します。

ストレスチェック制度とは、50人以上の従業員を抱える企業を対象に、産業医などの医療関係者が従業員のストレスチェックを行う制度です。

目的としては、従業員のメンタルヘルス不調の予防、改善、および健全な職場環境構築といったものがあります。

簡単にいうと、「会社においてメンタルを崩した、または崩しそうな人」を調べ、会社の環境も改善ながらメンタルヘルス不調の人を良い方向へ導く制度です。

ちなみに、50人未満の会社努力義務であり、法的拘束はありません。

 

ストレスチェックは、基本的に1年に1回行われます。

そして、ストレスチェック後、もし高いストレス値がある人は、本人の任意面談指導を受けることができます。

もちろん任意なので、面談指導を断ることもできますよ。

また、ストレスチェックの結果は本人の同意なしに事業者が閲覧することは禁止されています。

さらに、面談指導を受けたからと言って、その本人が雇用や待遇などで不利益を与えるのも禁止です。

つまり、国は労働者の雇用を守りつつ、メンタルヘルス不調の状態の改善をしようとしているのです。

 

ストレスチェック制度義務化の背景

ストレスチェック制度が義務化された背景には一体どういった理由があるのでしょうか。

大きな理由としては、メンタル不調の労働者が増加していることにあります。

厚生労働省の発表資料である「平成24年度 脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」によると、精神障害の労災請求件数が1,409件(前年度比152件増)と過去最多となりました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000049293.html

また、労災の支給決定件数は436件となり、前年度より39件減少していますが、依然として高水準です。

労働者の中にこれだけメンタルヘルス不調のものがいるというのも問題ですが、同時に企業にも様々なリスクが生じます。

考えられるリスクとしては次のようなものがあると言えるでしょう。

  1. 人員の縮小または仕事の能率低下による企業の活力低下、戦力ダウン
  2. メンタルヘルス不調に伴う精神病などに対する損害賠償請求
  3. 離職率増加や企業イメージの悪化、それに付随した人材不足

このように、メンタルヘルス不調者がいることによって様々な問題が生じます。

現代の企業において従業員のメンタル管理がいかに重要かお分かりだと思います。

以上のように、メンタルヘルス不調によって、労働者自身の健康阻害ならびに企業力の低下を招くことを受け、今回のストレスチェック制度の義務化が始まったのです。

 

ストレスチェック制度の義務化によって何が変わるか

従業員のストレスをチェックすることで一体何が期待できるかといったことですが、以下のような点が期待できます。

  1. 労働者自身がストレスを認知できる
  2. 労働者のストレスの実態を事業者が把握できる
  3. 高ストレスの労働者を面接指導等でケアができる

まず、第一の労働者がストレスを認知できるといった効果ですが、うつ病や統合失調症などの精神病は自身のストレスのキャパシティを超えた時に起こる可能性が高いです。

つまり、自身のストレスに気付かず、知らず知らずのうちに限界まで達してしまい、精神を病んでしまうといったことがありえます。

そのため、自身のストレスを自覚させることは重要です。

そして自己のストレスを認知し、メンタル管理をさせることも可能となります。

 

また、労働者たちのストレスの実態を把握することの効果ですが、事業者が職場環境の健全化に向けて効果的に動けるといった効果が期待できます。

メンタルヘルス不調の者が出ているが、なぜ出ているのか、どのくらいいるのか把握できていなければ、対処できません。

現状の問題点を統計的に分析し、企業としての措置を打ち出すことで、メンタルヘルス不調者の減少が見込めるでしょう。

 

最後に、高ストレス者のケアに関してですが、ストレスチェックをしたものの中で、高いストレス値を保有する労働者は面接指導が受けられます。

これは、産業医や保健師などによるカウンセリングならびに、医師から事業者への意見の発信という目的で行われます。

その結果によって、場合によって部署移動業務負荷の軽減などの措置を行うこともでき、結果的に労働者のメンタル不調を改善したり、労働者の命を守ることにもつながります。

このように、ストレスチェック制度の義務化によって期待できる効果は、大きく分けて上記3点ではないでしょうか。

 

まとめ

ストレスチェック制度が義務化される背景は、労働者のメンタル不調者の増加と、それに伴う企業側のリスクの高まりと先ほど述べました。

そして、そのストレスチェックによって労働者のメンタル不調改善に効果があるということも述べました。

もちろん、これだけですべてのメンタル不調の問題を改善できるとは思えません。

労働者本人の心のもちようや、会社側の継続的な取組みなどももちろん必要でしょう。

ただ、このストレスチェック制度はメンタルヘルス不調で悩む労働者に対し、事業者が

「どう対処するのか?」

を考える良いきっかけになると思います。

この機会を活用して、メンタルヘルス不調にならないように導いていって欲しいと願っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ