スポンサーリンク

義務化されるストレスチェック制度のシステムはどう運用される?

2015年12月1日より「ストレスチェック制度」というものが国によって義務化されます。

これは従業員50人以上の企業すべてが対象となっていますが、具体的にどのように運用されるのでしょうか?

ここでは、「ストレスチェック制度」のシステムやその運用方法についてご紹介したいと思います。

 

sponsored link

 

ストレスチェック制度の運用の流れ

ストレスチェック制度は、以下の4つのフェイズに分かれて運用されます。

  •  実施前
  •  実際のチェック
  •  面接指導
  •  全体評価

それではより具体的に見ていきたいと思います。

 

実施前

まずは事業者による方針の表明があります。

次に、「衛生委員会」なるものの調査審議があります。

「衛生委員会」とは従業員50人以上の会社であれば業種に関わらず設置義務があります。(労働安全衛生法)

また、ストレスチェック制度の実施義務があるのは従業員50人以上の企業であるため、衛生委員会は通常設置されていなければなりません。

この衛生委員会が、主体となってストレスチェックの目的や、実施方法、処理方法について審議し、そして労働者に説明・情報提供していく形となります。

 

実際のチェック

実際のストレスチェックは一定の研修を受けた医師保健師等によりチェックされます。

ちなみに厚生労働省のHPには一般定期健診と同時に実施してもいいことや、産業医が実施することが望ましいとされています。

ただし、一般定期健診と同時に行う際は、事業者にストレスチェックの結果を本人の同意なしに見せるのは禁止されています。

ストレスチェックを実施した者(産業医や保健師、医師等)は、チェック結果を労働者に見せ、労働者の方でセルフケアをしてもらうよう促します。

また、本人の同意があれば事業者へ結果を通知します。

さらに、医師などはチェック結果を職場ごとに分析し、その分析結果を事業者に提供します。

この結果通知は、職場環境の改善のために活用してもらいます。

 

面接指導

counselor

ストレスチェックを行った結果、高いストレスの結果が出た人には、面接指導が推奨されます。

もちろん労働者自身が断ることも可能です。

 

面接指導の流れとしては以下の通りとなります。

  1. 労働者が事業者へ面接指導したいと申し込む
  2. 事業者が医師等に面接指導を依頼する
  3. 面接指導を実施し、必要に応じ専門医へ接続
  4. 医師から高ストレス労働者に対する意見を聴取
  5. 必要に応じ就業上の措置を実施

例)就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数減少など

ここで留意しておきたいのが、この面接指導の実施により「労働者が不利益を被るようなことは禁止されている。」ということです。

これを守らない企業は法律違反となります。

ただし、私としてはこの禁止事項がどこまで企業への抑制力があるかやや不安もあります。

可能性としては、企業が法律を遵守せずに労働者にとって減給や降格などの措置をとるといったことも考えられなくもありません。

願わくば、すべての企業が労働者の雇用を守る立場でストレスチェックを実施してほしいものです。

また、国自身もこのストレスチェック制度を施行する上で、労働者不利益問題の予防と対処法をもう少し整備するべきだと思います。

 

全体評価

ストレスチェックの実施と面接指導が終了したのちは、実施状況の確認と次回に向けての改善事項を検討します。

このように1度きりのチェックにせず、継続的に労働者のメンタルヘルスの改善に向けて動いていくことになります。

 

まとめ

ストレスチェック制度がどう運用され、どう自分に、職場に影響するのかお分かりいただけたでしょうか。

うつ病などの精神疾患が珍しくない昨今、自身のストレスを自覚し、メンタルヘルス不調を予防していくことは非常に重要です。
この「ストレスチェック制度の義務化」を契機に、あなたが抱えているストレスの度合いを認知し、必要であれば面接指導も申し出ることも一つの手だと思います。

ただし、会社や事業者によっては、法律を遵守せず、労働者にとって不利益となる処置を下す場合も現時点では考えられます。

面接指導を申し込む際も、もし事業者がそんな人物ならばまず一度厚生労働省の窓口に相談してからの方がいいかもしれません。

何か良い方法やアドバイスが受けられるかもしれませんよ。

試行直後の法律にはどこか穴があるのではないかと個人的に思うので、行動を起こす際もできれば慎重に実行しましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ