スポンサーリンク

新入社員はうつ病になりやすい?その症状・特徴は?

ストレス社会の現代、会社に初めて入社した新入社員にも、うつ病になる人が年々増えています。

4月は職場という新しい環境に慣れることに一生懸命で、知らないうちにストレスをためている時期です。

ゴールデンウイークで一度はリフレッシュ出来る方も多いのですが、6月に入ると新人研修も終わり、職場に配置され、実際の仕事が始まります。

そして、仕事の厳しさに直面して、

「こんなはずじゃなかった」

と失望したり、仕事や人間関係がうまくいかず、大きなストレスを抱え込んでしまう人が少なからずいます。

また、天候的にもジメジメとした6月の天気は、新入社員をどんよりとした気分にするのに、無関係ではありません。

このような6月に入ってから、体調を崩す場合を「6月病」などと呼ぶ人もいます。

そこで今回は、

「新入社員はうつ病になりやすいのか?」

「新入社員に特有のうつの症状・特徴はあるのか?」

ということについて、考えてみたいと思います。

 

sponsored link

 

社会人になるということは

大学などの学校を出て、仕事に就くというのはとても大きな変化です。

学費を払って勉強するという学生の身分から、働いて給料をもらう社会人になるわけです。

誰でも、新しい環境に慣れるためには、時間とエネルギーを必要とします。

この時期ほどの大きな立場上の変化は、人生の中で、そうそう経験することではありません。

ですから、入社直後には色々なストレスがかかって、心身に不調が現れやすい時期であるのは当たり前とも言えるのです。

一時的に方向性を見失って、どうしてよいのか道に迷うことがあるのは不思議なことではありません。

しかし、多くの人は休養をとり、気分転換をすることでやがて元気を取り戻していきます。

仕事(ストレス)と休養や余暇(リラックス)のバランスをうまくとることがポイントです。

新入社員の方の中には、この二者の切り替えがうまく出来ず、身体のバランスを崩し、不調に陥る方がかなり見られます。

心配な場合、不安な場合は、迷わず早めに専門家に相談することです。

 

新入社員はうつ病になりやすい?

うつ病 疑問

 

では、新入社員は、その他の社員に比べ、うつ病になりやすいのでしょうか?

また、そうであればなぜなのでしょうか?

まずは、その辺りのことを探ってみましょう。

 

学生と言う身分から会社員という立場に変化したことが大きなストレスになることは理解できますし、それは、どの新入社員も皆、同じです。

しかし、全新入社員がうつ病になるわけではありません。

新入社員は、仕事を覚え、新しい環境や人間関係を築いて、それに慣れ、上司などからのプレッシャーに耐えることが求められます。

こうした個々のことがストレスとしてたまり、最悪の場合、うつ病へと発展してしまうようです。

特に、職場でのコミュニケーションがうまくを取れないことは、うつ病を患ってしまう大きな要因になるようです。

このような事態を避けるポイントは、可能な限りストレスをためないこと、たまってしまったストレスは適度に発散することです。

 

新入社員に多いうつ病の症状・特徴は?

新入社員は会社という新環境に慣れるだけでも時間を要しますし、うつ病になりやすい真面目で責任感が強い方は、尚、真剣に向き合うため疲れやすいものです。

そして、疲れやすい状態にある上に、上司に怒られ、必要以上に自分のせいと自分を責めて、さらに頑張ってしまい、こころのエネルギーを枯渇させ、うつ病に陥ってしまうのです。

このような状況に陥る新入社員に特有のうつ病の症状というものに、特筆するべきものはなく、他のうつ病患者さんが示う症状と大差ないようです。

しかし、最近の若者が示すうつ病で、

「新型うつ病」

「非定型うつ病」

などと言われるうつ病の場合は、従来からある「定型うつ病」の示す症状とは全く異なる、真逆の症状を示すという特徴はあるようです。

では、新入社員の中でも、どんなタイプの人がうつ病に陥りやすいのか紹介します。

うつ病に陥りやすい人の特徴

うつ病に陥りやすい人は以下のような性格的特徴を有している人が多いようです。

・神経質で几帳面

・仕事を他人に任せられない

・道徳観が強く、義理人情にあつ過ぎる

・完璧主義者、潔癖主義者

・理想主義者(理想や目標が高すぎる)

・がんこで融通が利かなかったり、その場に応じた臨機応変さがない

・人に頼まれると断れない

・自分さえ我慢すればとよく思う

・まじめで何事にも熱心、責任感や義務感が人一倍強い

・自分の感情や考え方、想いを表現したり、相手に伝えられない

・他人の評価が気になり過ぎたり、被害妄想的な面がある

引用元:Dreamer

 

 

次に、そのような人が起こす身体的特徴としては、

・便秘、下痢、腹痛が起こる

・めまいがする

・吐き気が起こる

・ひどい肩こりや頭痛が起こる

・疲れやすい

・だるい、体が重い

・寝つきが悪い

・熟睡感がない

・朝起きられない

・食欲がわかない

引用元:pluswellness

などが挙げられます。

そして、その結果、こころに起こる不調としては、

・気持ちが落ち込む

・不安や焦りを感じる

・イライラする

・やる気が出ない

・何をするのもめんどうでおっくうになる

・判断力や思考力が低下する

・集中力が低下して、物忘れをする

・今まで興味があったことが楽しいと思えなくなる

引用元:pluswellness

などの症状が現れます。

 

まとめ

新入社員というのは、その大きな環境の変化から

「就職する」

ということ自体に大きなストレスを感じています。

そういったストレスが基盤にある中、更に新たな職場や人間関係によるストレスが加わります。

そして、実際の仕事自体もストレスだらけです。

誰が見ても、ストレスに囲まれた生活です。

こういった状況ゆえにうつ病に陥る方も多いのです。

しかし、全新入社員がなるわけではなく、持って生まれた性格特性にも影響を受けます。

うつ病を発症した場合の症状は、概ね、一般的な定型うつ病の症状と変わりはありませんが、新入社員のように若い方の場合、最近増えてい新型うつ病(非定型うつ病)を発症した場合は、定

型うつ病とは異なる特有の症状を示す結果となります。

いずれにせよ、新入社員がうつ病にならないためには、

できるだけストレスをためない

ためたストレスは適度に発散する

といったことがキーポイントとなります。

新入社員のあなたは気をつけましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ