スポンサーリンク

仕事のプレッシャーやストレスが原因で辞めたい時はどうする?

日々の仕事における対人関係、ノルマ、責任、プレッシャー等で辞めたいと思っている方も、このストレス社会の中ではたくさんいらっしゃることだと思います。

また、その中には

「もう仕事なんて辞めたい…。でも家族を養わないと」

「新卒で3年は働かないと、市場価値が下がるし、まだ頑張らないと」

と思って、限界まで働いて心身ともにボロボロになりつつある人もいるのではないでしょうか。

ここでは、仕事でのプレッシャーやストレスにより、会社を辞めたいと思っている方に、元うつ病の私が、自身の経験を踏まえ、「どう対処していけば良いか」をご紹介いたします。

 

sponsored link

 

本当に辞めないといけないのか考える。

うつ狸

ストレスやプレッシャーが強く、

「もう駄目だ・・・」

と弱気になっているときほど考えた方がいいと思います。

というのも、弱っているときは

「早くこの場から逃げたい、楽になりたい」

と考えるケースが多いです。

そのため、正常な判断ができず、よく考えずに突発的に辞職することも多いです。

確かに、

「その場から去る」

という行為は楽なんです。

しかし、退職後どういう結果が待っているか、それを想定しなければなりません。

収入、休日、将来のキャリア、仕事内容等、現状の仕事と比べることも必要です。

現状の仕事の待遇が良い場合は、今の会社にとどまることも視野に入れましょう。

その際、「なぜ自分が辞めたいのか」、その原因を探り、会社内で解決できそうであればやってみましょう。

会社は組織で成り立っています。

同僚や、上司等に相談し、自分の業務負荷を軽くしてもらう、部署移動により人間関係をリセットしてもらうなど、会社内でできることもあります。

今の職場が辛いという状況も、転職、退職以外でも変えられるということも覚えておきましょう。

私は一度目の転職時に、今でも「なんでそれをしなかったのか」と思っています。

その時は正常な判断ができなかったのでしょうね…。

 

辞める前に就職先を見つけておく

「辞めたい」という気持ちが前面に出ると、どうしてもそれだけが先行してしまいます。

しかし、そうなると

「在職中に色々やっておけば良かった…」

と後悔することも多いです。

辞める前に「次の就職口を見つけておく」ようにしましょう。

このメリットは次の通りです。

  • 退職後の無収入期間がないので、生活が安定する
  • 在職時に焦らないで就職活動ができるので、しっかり吟味できる

やはり一度無職になると、

「早く就職しなきゃ」

「ああ、もうここでいいや」

という感情が出てくるため、転職失敗となるケースもあります。

私は「別に焦る必要はない」と思っていましたが、なかなか思うような職場が見つけられず、無職3か月目に突入したときはかなり焦りました。

 

一方、在職時に仕事を見つけておけば先方の担当者に待遇や給与について、落ち着いて交渉することもできます。

働きながらの就職活動はとても忙しいですが、可能であれば在職時に転職先を見つけておきましょう。

転職エージェントだと、土日でも対応してくれる場合があります。

また、キャリアに自信のある方はステップアップも可能です。

大手のリクルート系やマイナビ系などに登録し、キャリアコンサルタントのカウンセリングを受けるのも良いかと思います。

 

無職時に収入を少しでも得られるようにする。

どうしても在職時に仕事を見つけられず、退職してしまったという方にですが、最低限やっていただきたいことがあります。

それは、「失業保険の申請準備」です。

より多く、すぐにもらえるように書類を準備しておくということです。

失業して無職になると、一般的な人はもちろん無収入です。

その際、失業者の救いとなるのが「失業保険」です。

これは、無収入の失業者が落ち着いて仕事を探すことができるように、生活費を国が支給してくれるような制度です。

この支給が受けられるのは、雇用保険に最低でも6か月以上加入していた人です。

つまり、雇用保険に加入していなかった方は受けられません。

ちなみに、雇用保険加入の条件は以下のサイトにあります↓
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/roudousha01.pdf

基本、正社員や契約社員ならば加入条件を満たしています。

自分が本当に雇用保険に加入しているか気になる方は、ハローワークに照会して確認することもできます。

雇用保険に加入していれば、ハローワークに失業者申し込みをして、失業保険の申請をすれば、失業保険をもらえる資格が得られます。

 

ただし、失業保険における収入には差があります。

一例としてですが、40歳以下か、40歳以上かによってももらえる金額は異なります。

さらに、ここが最も重要ですが、「離職理由」によっても収入が異なります。

例えば、解雇や雇止めならば「会社都合」により退職となり、もらえる金額が「自己都合」の退職よりも多くなります。

さらに、「自己都合」だと失業保険がおりるのに時間が3か月以上かかりますが、「会社都合」ならば、多少前後はありますが、1か月くらいで支給されます。

要するに「会社都合」による退職は、保障が手厚くなるということですね。

 

そして、ここで重要視したいことが一つ。

自分で退職した際も「会社都合」になりうる場合もあります。

それは、離職理由の一つである「特定の正当な理由のある自己都合退職」といったものです。

これは、例えばですが、

「入社した際の労働条件と著しく条件が異なる」

「パワハラ、セクハラが横行し、肉体的、精神的に疲弊する」

などの理由があると、この離職理由になる可能性があります。

ただし、離職理由を会社が「特定の正当な理由のある自己都合退職」にしてくれればいいですが、中にはしてくれないこともあります。

そういった場合は、ハローワークに行ってパワハラの横行や労働条件の相違を示す決定的な証拠(労働契約書や就業規則など)を提示しましょう。

そうすれば、ハローワークも離職理由を「自己都合」から「特定の正当な理由のある自己都合退職」に変える手続きをしてくれます。

しかし、証拠となる書類は辞めてからだとなかなか手に入りません。

そのため、在職時に集められる書類はコピーして保存しておきましょう。

 

まとめ

プレッシャーやストレスが多く、一刻も早く「辞めたい」と思っている方は、今相当辛いと思います。

ただし、辞めるのは簡単ですが、辞めてからは大変です。

ですから、辞める前に上記3点のことをまずやっていただきたいと切に思っています。

私は後悔と反省の連続でしたが、今悩んでいる方には「そうなってほしくない」と思っています。

少しでも、今悩んでいる方の参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ