スポンサーリンク

ひどい手汗の原因はストレス?対処法は?

「手汗がひどくて、デートで手をつなげない・・・。」
「手汗がひどくて、ペンを持っても滑ってしまう。」

手汗がひどくて、つらい思いをしたことがある方は、 たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、手汗の原因の多くはストレスにあるんです。

正確に言うと、「自律神経」に問題があります。

「自律神経」ってな、なんなの? という方もいらっしゃると思います。

ここでは、手汗の原因と対処法についてご紹介します。

 

sponsored link

 

1、手汗の原因は自律神経の乱れ

そもそも、自律神経とはなんなのか。

自律神経とは人間の活動を管理しているコンピュータのようなものです。

詳しく言うと、自律神経は

  • 循環器
  • 呼吸器
  • 消化器

の活動調整を司る器官です。

そして自律神経には、交感神経副交感神経の二つがあります。
交感神経とは、人間が活動しているときに活発になる神経です。

逆に副交感神経とは、人間が睡眠時やリラックス時に活発になる神経です。

この二つの神経のバランスが乱れることにより、異常な手汗をかいてしまうのです。

 

では、なぜ乱れるのか。

それは、交感神経が高まりすぎたことが原因なのです。

というのも、交感神経はストレスによって高まります。

ストレスは、

  • 人間関係
  • 暑さ
  • 寒さ
  • ノルマ

など、 私たちが日常で暮らす中で必ず感じるものです。

適度なストレスであれば問題ないのですが、当人にとって過剰であると感じると、 副交感神経の回復機能が追い付かず不調をきたします。

こうして、自律神経が乱れると、新陳代謝を活性化する交感神経が働きすぎて、 汗を分泌する腺である、エクリン腺という器官が異常に働いて、多量の汗を掻いてしまうのです。

医療法人雅会 前田クリニックのHPには、自律神経の乱れによる自律神経失調症の症状として、手汗の異常な発汗が挙げられています。
http://www.dr-maedaclinic.jp/db120.html

つまり、手汗がひどいのは自律神経失調症の恐れもあるということです。

手汗がひどいときは自律神経失調症も疑ったほうがいいかもしれません・・・。

 

2、手汗をかくことに対する対処法

先ほど、自律神経の乱れが手汗の原因であることはご説明しました。
ならば、その対処法としては、自律神経の乱れを正常に戻すこと。
つまり、副交感神経を働かせるように心がけるようにします。

では、副交感神経を働かせるにはどうしたらいいか、 それをご紹介します。

1.食べ物で副交感神経を働かせる

一つは、食べ物です。

  • 食物繊維の多い食べ物
  • 酸っぱいもの
  • 辛い物
  • 発酵食品

を食べることで、 自律神経を整えることができます。

食物繊維の多いものは腸の中にたまるので、その間副交感神経が働きます。

また、酸っぱいものや辛いものは、体が異物と認識し、排出しようと副交感神経が働きます。

さらに、発酵食品には自律神経を整える成分も入っているため、有効です。

 

2.お風呂に入って副交感神経を働かせる

二つ目は、お風呂です。

38~40度くらいのぬるいお湯で、のぼせないくらいにして入るといった方法があります。

あまり、熱い温度だと交感神経が高まってしまうので、自分が気持ちいいくらいの温度で入ることをお勧めします。

 

3.良質な睡眠で副交感神経を働かせる

三つ目は深い眠りにつくことです。

睡眠時は副交感神経が高まります。

それゆえ、快適な睡眠は非常に有効です。

お風呂に入って約1時間後に寝る、寝る前にスマホやテレビなど交感神経が高まる行動はせずに眠る、早寝早起きを心がけ生活リズムを一定にするなどの方法で、快適な睡眠をとるようにしましょう。

ちなみに、当サイトでは良質な休息に効果が期待できるサプリメントをご紹介しています。

料金は初回無料ですのでぜひご検討ください。
ルナハーブ

 

4.マッサージやアロマで副交感神経を働かせる

4つ目はマッサージやアロマで体をほぐすことです。

副交感神経はリラックス時に働きやすい神経です。

それゆえ、マッサージやアロマで 「自分が心地いい」と感じることは非常に有効な方法です。

 

3、まとめ

これまで手汗の原因の多くは、ストレスであり、そのストレスによる自律神経の乱れが原因と述べてきました。

しかし、その自律神経の乱れを正せば、手汗がひどくなることも少なくなるはずです。

今まで、手汗で悩んでいた方もぜひ、 「ああ、自分は今ストレスが多いんだ」と認知し、副交感神経を高める試みを実践してはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ