スポンサーリンク

うつ病の男性は仕事や恋愛は諦めないといけないの?

うつ病に関する本が出版される、またはインターネット上にうつ病に関する情報が発信され続けているとはいえ、うつ病に対しての否定的な見方はいまだに残っています。

「うつ病の人と話すとイライラする」

「気を遣うし、大変」

「どう接すればいいか分からない」

そんな痛烈な意見もネット上ではあります。

元うつ病の私もそういう目で見られていたのでしょう。

「私という人間は仕事ができないんだ」

「私と付き合った人間は不幸になる」

そう考えることもしばしばありました。

 

しかし、うつ病から回復した今だから言えることですが、 うつ病の人だって仕事・恋愛をしたっていいと思います。

ここでは、うつ病の男性と仕事・恋愛との向き合い方について、 意見を述べたいと思います。

 

sponsored link

1、うつ病の男性と仕事

仕事がもとでうつ病になると、「自分は仕事ができない人間で、駄目な人間」と考えることもあると思います。
「自分は今後、仕事をしていいのだろうか」と不安に思うことも出てくるでしょう。

しかし、私はそう考える必要はないと思います。
私がうつ病になった原因は仕事でした。

何をやっても上手くいかず(実際にはうまくいっていたこともあったのに・・・)自分をひたすら否定していました。

周りの人間はみんな敵になってしまった。
なんで、そんなに私を責めるのだろう。
助けて、助けて、死にたい、死にたい・・・。

そう考えて、包丁を腹に突きつけるときもありました。

でも、休職期間を経て、やや症状が軽くなり、退職、転職してからは、 うつ病に悩まされることはなくなりました。

何が言いたいのかというと、「その仕事だけがすべてではない」ということです。

世の中には、仕事がたくさんあります。
その中で、自分にあった職を見つけることで、それほど気を張らずに、努力を努力と思わずに、 頑張れるようになります。

 

つまり、私がうつ病になったのは、「あなたの今就いている仕事は、あなたにとってかなり負荷がかかっているよ。
だから、もっといい仕事探そうよ。

と、知らせるためだったと思います。

だから、仮にうつ病だったとしても、仕事を、働くことを。

あきらめなくていいと思います。

人にはその人なりに誇れるものがあって、その分野ならば、きっと輝けると思います。

 

ただし、うつ病がひどいときは、動かなくてもいいと思います。
現在進行形でうつ病の方には、まずはしっかり療養してもらって、 体調を元通りにすることだと思います。

それからでも、遅くはないと思います。

 

2、うつ病の男性と恋愛

うつ病の人は、恋愛してはいけないのか。
正直に言うと、していいと思います。

私自身、うつ症状がひどいときははっきり言って、 そういった欲も湧きませんでした。

食欲も、性欲も。

ただ一つ、睡眠欲だけ。

逆に、あの人が気になる、あの人が好きという感情が出てきたのは、 生のエネルギーが湧いてきた証拠で、うつ症状が良くなりつつある状態です。

だから、恋愛はしてもいいと思います。

 

ただし、恋愛が成就するには相手が居て成り立ちます。

相手のことを考えない恋愛は、相手にとって辛いものです。

仮に告白したとして、相手が承諾しなければ、 自分の心が傷ついてしまいます。

そうなると、うつ状態の人間にとって、自分を受け入れてもらえないことは、 死に直結するものとなり得ます。

また、仮にうつが軽度で治りかけだったとしても、その拒絶体験によって 再発してしまい、重度のうつになる可能性もあります。

告白して駄目だったときは普通の人でも辛いものです。

傷つくのが辛い、弱っているうつ病の人は、 少しずつ少しずつ、相手との距離を縮めていって、相手から歩み寄ってくるのを待った方がいいと思います。

上手くいけば、その人があなたの心の支えとなり、生きる力へと変えることができると思います。

 

3、まとめ

うつ病の男性は仕事・恋愛を諦める必要はありません。

仕事に関しては、あなたが納得して、自信をもって働ける職場がきっとあります。
それは、営業や事務といった一般的なものだけでなく、農家、フリーランスなどもそうです。

適職さえ、見つけたらあなたはきっと強い。
だから大丈夫です。

また、恋愛に関しては、傷つかない方法で恋愛しましょう。
恋愛をしたいというのは、生のエネルギーが湧いた証拠。

自信をもっていいと思います。

うつ病だろうとなんだろうと、人間です。
生きていていい人間です。
きっと、できますよ。
大切なことは、「自分がどうしたいか」ですよ。


スポンサーリンク

4 Responses to “うつ病の男性は仕事や恋愛は諦めないといけないの?”

  1. なな より:

    初めまして。
    鬱病を治してから、恋愛しても遅くないです。
    わたしは、鬱病ではありません。
    もと彼が、鬱病です。
    鬱病の依存から、私自身のメンタルが持ちません。
    だから、恋愛していいですが、鬱病を治してから恋愛してほしいです。
    まわりが、疲れます。
    依存性は、良くないと思います。

  2. tmx より:

    ↑彼女は鬱じゃないから負担だって思って当然ですね。

    私が鬱だけど恋愛したいって方にすすめたいのは同じ病の人と付き合うこと!

    彼女彼氏は他人なので嫌がられると手離されます。俺は同じ穴の狢なんかと付き合いたくない!

    って思うなら冷たく言い放ちますが、先の方が言うように治してから恋愛してください

  3. khjk; より:

    >>なな

    じゃあうつ病の奴は死ねと?

    何だかそんな風に聞こえてきた

  4. khjk; より:

    >>なな
    男女関係で関わった相手がうつ病で、自身も苦労したからこそのコメントだろうと思うが、俺としては傷口に塩を塗られたような気分だぜ

    抑うつがひどくて死にたい。死ね死ねいうのは簡単だが簡単に死ねないのだなこれが

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ