スポンサーリンク

産後うつはいつまで続く?効果的な克服改善方法は?

「産後うつ」という言葉を皆さんはお聞きになったことがありますか?

うつ病の中にも、色々な種類と言いますか、色々な名前がつけられた「うつ病」が存在するようになった現在ですが、この「産後うつ」は、出産後の女性のみがかかる「うつ病」です。

この「産後うつ」はどのくらいの期間続くもので、どのような対処法があるのかについて、今回はまとめてみたいと思います。

 

どのくらいの人が、どのくらいの期間、「産後うつ病」に悩まされるの?

日めくりカレンダー~画像素材

この「産後うつ病」は、出産後に起きる代表的なメンタル面の病気と言われています。

出産をした人の約10%に見られるという、比較的なりやすいうつ病と言えるかと思います。

このうつ病は、出産後の1~2週間から数ヶ月後頃から起こり、治るまでの期間は人それぞれですが、数ヶ月以上から1年、場合によっては、数年に及ぶ方もおられます。

 

似たような言葉で「マタニティーブルー」という言葉はよく耳にしたことがあるのではないでしょうか?

同じものと思われるかもしれませんが、この「マタニティーブルー」と「産後うつ」とは全く違うものなのです。

「マタニティーブルー」は出産後2~3日、出産をされた女性の30~50%の方が、情緒不安定になったり、不眠、抑うつ、不安感などの精神症状を呈するもので、これは、出産後に胎盤から女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少したことと大きく関係して起こる症状です。

この「マタニティーブルー」は特に治療をする必要はなく、短期間で症状が消えていく一過性のものです。

ですが、自然におさまるもの、普通のことと我慢したりはせずに、信頼できる人にそれとなく不安感やイライラなどの不安定な気持ちを話してみることは有用なことですし、それで、落ち着く場合も多いようです。

「マタニティーブルー」が長引いた場合には、「産後うつ病」に移行してしまった疑いが考えられますので、専門家の診断を受けることが必要になるケースも出てきます。

 

sponsored link

 

「産後うつ病」の対処法は?

抗うつ薬 種類 

 

しかし、この「産後うつ病」とは、周囲のサポートが有効に得られれば、育児に大きな支障をきたすことなく過ごせる軽度から中等度のものが多くを占めるそうです。

このレベルですと、特に、精神科医などの専門家の治療は必ずしも必要ではありません

しかし、症状が一向に改善しなかったり、悪化するような場合には、早めに専門家に相談することをオススメします。

 

その場合は、治療法として、抗うつ剤や抗不安薬、眠剤などを使った薬物療法、それに加え、カウンセリングを並行して行うことが多いようです。

ですが、この時期の女性は授乳をしている場合が多いですので、その場合には、その旨を医師に伝え、母乳に影響のない薬を選んで使う必要があります。

従来からある抗うつ剤などに関しては、母乳への影響はないとの報告が多くなされていますが、最近登場した新薬に対する母乳への影響については、まだ不明な点も多いそうで、医師とよく相談された上で、薬の選択や、薬物治療を受けるのか否かを決められることが大切かと思われます。*1

*1 参考サイト:RC PSYCH「産後うつ病」より

 

その症状の程度によって、対処法は様々です

counselor

ですから、この「産後うつ病」の治療法、対処法は、その症状の程度によって異なってくるといえます。

一般に言われている「うつ病」には「薬物療法と精神療法と休養」という3本柱ではなく、母乳との絡みも考えて、治療法を選択する必要性が出てきます。

そこで、薬を使う際にも漢方薬が使われることも良くあるようです。

しかし、なんと言っても、薬に頼るよりも、周りのサポートが重要となりますので、夫の妻の育児の大変さへの理解と思いやり、家事や育児の負担を軽くしてあげるように配慮することも大切です。

夫婦で共に育児をしているということを態度で示すこと、カウンセリング的に、話を良く聴いてあげることも重要でしょう。

程度の差は様々であれ、「産後うつ病」は、列記とした「うつ病」の一種の病気ですので、適切な治療や暖かい周囲のサポートが大切になります。

産後うつになった奥さんに対する旦那さんの正しい接し方は?

 

薬を使いたくない場合はサプリメントが効果的!

 

  • 精神科による薬物療法はなんだか心配・・・
  • 本当に母乳に影響はないの?
  • 薬を一生飲み続けないといけなくなるんじゃないの?

と不安な方にはサプリメントを使って改善・克服を狙うことをお勧めします。

漢方薬を除いて、精神科で処方される薬は有機合成によって科学的に作られた物質によりうつの症状を抑えます。

そのため、現段階では母乳に影響がないなどと言われていても、数年後になって

やっぱり影響があることが分かりました。

ということもある可能性があります。

そこで気軽に購入できて効果的なのがこちらのサプリメントです。
マインドガード

このサプリメントは元々、不眠で悩んでいる方を対象にしているのですが、うつの改善に効果的な植物から得られる天然の栄養素を多く含んでいるので副作用などの心配がありません。

また、普通のサプリメントとは違い液体なので、錠剤のサプリメントよりも効率的に体内に吸収されます。

試してみて下さい。
詳細はこちらをクリックして確認して下さい。

まとめ

以上のように、出産後には「産後うつ」といううつ病にかかる方が約1割おられます。

出産直後に3~5割の方が経験する「マタニティーブルー」とはまた違ったものですので、このあたりの知識もしっかりと持っておくようにしましょう。

 

そして、この「産後うつ」にしても「マタニティーブルー」にしても、出産に伴う女性ホルモンの大きな変化が大きく関係しているものですが、「産後うつ病」は、列記とした「うつ病」です。

軽度や中等度のレベルであれば、周囲のサポートによって乗り越えられる場合が多いと言われていますが、心理面での暖かいサポートの果たす役割が何ものにも代えがたいものといえるでしょう。

「うつ病」で調子が思わしくない母親の元で育った赤ちゃんは、精神的な発達に少なからず好ましくない影響を受けることが知られています。

子供の健康な成長のためにも、母親であるお母さんが、心身ともに健康な状態でいることが、とても大切なのです。

母子ともに健康な生活が送れるよう、出産という人生の大事業を終えた女性を暖かく支え、見守っていくことが、大きなポイントになるでしょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ