スポンサーリンク

うつ病の症状を克服・改善できる食べ物は?

この頃、身近に、「うつ病」とか「うつ」と言う言葉を耳にすることが多くなりました。

あなたの知り合いにも、うつ病やうつ状態の方がいらっしゃるのではありませんか。

もしかしたら、あなた自身が、

『私、「うつ」かしら?』

などと心配されていませんか。

うつ病は「心の風邪」というほど軽いものではなく、脳内の神経伝達物質に異変が起きている脳の病気なのです。

ですから、基本的には、薬を使った治療がメインとなります。

関連記事:うつの原因はセロトニンの不足?原料はトリプトファン?合成方法は?

 

しかし、昨今、薬だけに頼った治療ではなく、日常生活のちょっとした注意や工夫によって、この病気が改善するという新事実が、医師からも聞かれるようになりました。

その1つが「食事」です。

というのも、最近の研究によりうつ病の改善に効く食べ物や栄養素があることが分かってきたのです。

そこで今回は、うつ病やうつ状態を克服・改善できる食べ物についてご紹介します。

 

sponsored link

うつ病を克服・改善できる食べ物は?

まず、なぜ食事を工夫することが、うつ病を克服・改善に効果的なのかについてお話しさせて頂きます。

簡単に言いますと、脳内の神経伝達物質の生成などに必要な栄養素が不足することが、うつ病発症の一因であるというか観点から、摂取不足の栄養素を食事で積極的に補うことが効果的であるということです。

不足している栄養素の代表的なものは、まずは、「ビタミンB群」です。

その中でも、

ビタミンB1、B2、B6、B9(葉酸)、B12

が挙げられます。

中でも、葉酸は日本人には特に不足している栄養素。

葉酸は緑葉食野菜に多く、モロヘイヤ、春菊、アスパラ、レバー、アボガド、ピーナッツなどに多く含まれています。

この他の不足気味のビタミンを補うためには、豆、ナッツ、トマト、バナナ、肉、魚、卵、牛乳なども積極的に摂ることが大切です。

葉酸を多く含む食品まとめ

 

その他に、日本人の場合に、特に不足気味な栄養素が、「トリプトファン」「鉄分」の2つ。

トリプトファンとは聞きなれない栄養素ですが、うつ病の原因に関与しているセロトニンの材料となるアミノ酸です。

ですから、うつ病の改善にトリプトファンは重要な栄養素なのです。

このトリプトファンを多く含む食材は、肉、魚、牛乳、乳製品、卵などです。

トリプトファンを多く含む食品まとめ

 

そして鉄分

これは良く耳にするもので、不足すると鉄欠乏性貧血になることで良く知られていますね。

この鉄分も十分摂取する必要があり、レバー、魚介類、海藻、赤身の肉、納豆などに多く含まれています。

以上に挙げたような食材を意識して積極的に摂ることが大切です。

鉄分を多く含む食品まとめ

 

これらのことから

「一日三食、バランスの良い食事」

という基本をしっかりと実践することが、ポイントになるでしょう。

関連記事:うつを克服・改善する食べ物 しょうがミルクでセロトニン増加!

 

まとめ

このように、うつ病は、医師の処方する薬と休養だけで治療する時代は終わりに近づきつつあります。

患者さん自身が、自らを克服・改善方向へ導く方法が見つかってきているのです。

その1つが「食事」です。

でも、決して誤解しないで下さい。

薬が全く必要ないと言うことではありません。

関連記事:うつを克服・改善する食べ物 ハマナス茶でストレス解消!

 

処方薬と休養にプラスして、食習慣を見直すことが大切であり、それが、病気の克服・改善への近道になるということなのです。

これまで忘れられていた「食事」の見直しにより、少しでも早く、うつ状態・うつ病の苦しみから脱して、心身ともに穏やかで健康な毎日を取り戻しましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ