スポンサーリンク

うつ病の診断書って簡単にもらえるの?

うつ病の診断書は簡単に書いてもらえるものなのでしょうか?

ネット上のQ&A形式のサイトなどを見ていると、どうも正当な目的外でうつ病の診断書を手に入れたいと思っている方が少なからずいるように感じます。

 

なぜ、何のために、うつ病の診断書をほしいのでしょうか?

「うつ病」の診断書が必要なのでしょうか?

それとも単に「メンタル不調がある」との診断書があれば良いのでしょうか?

 

この記事では、実際にうつ病を患ってしまい、正当な理由で診断書が必要の方のために、診断書の貰いやすさについて紹介します。

 

sponsored link

 

「うつ病」になりたいの? 「うつ病」を誤解していませんか?

イヌ 困った

「うつ病はこころの風邪」とのキャッチフレーズが一時期かなり流行ったせいでしょうか。

うつ病は普通の風邪のように、ひくのも簡単だけれども、治るのもそれほど大変なものではないという感覚をお持ちになってしまった方が多くおられるのではないでしょうか。

風邪ならば誰でもひくものだし、栄養を十分にとって休養すれば、しばらくすれば、また元通りに元気になれるという感覚で、「うつ病」を捉えてはおられないでしょうか。

そのような思い込みをされておられるのなら、それは大きな間違いですよと、声を大にして申し上げたいと思います。

うつ病は

 

「早期発見・早期治療が大切」

 

「必ず治る病気です」

 

とのフレーズが世間に確実に広まりました。

そして、「うつ病」という病気の存在についても、世間に周知されるようになりました。

 

うつ病のひとつの症状である「うつ状態」は、誰もが経験することのある症状です。

しかし、多くのうつ状態は、うつ病のものではない可能性の方が高いものと思われます。

悲しい出来事があって、うつ状態になるというのは、正常な心の反応です。

この「うつ状態(抑うつ反応)」は、時間と共に少しずつ和らいで、次第に消えていきます。

このような体験を、うつ病であると勘違いされてはいませんか?

 

本当の「うつ病」になって良いことなど、何もないと言っても過言ではないと思います。

「うつ病」を克服された方の中には、「うつ病」を経験したことから得たもの、学んだことがあると言われる方もおりますが、大方の「うつ病」患者さんの闘病は、なかなか終着点にたどり着けないというのが実状だと思います。

「うつ病」の当事者、また、精神疾患の当事者からすれば、このような病気になって得すること、いわゆる疾病利得などないというのが本当のところだと思います。

 

そんな「うつ病」にあなたはなりたいのですか?

こんな病気である「うつ病」の診断書を本当に手に入れたいのですか?

 

・人生の休養をしたい

・「うつ病」にちょっとの間なりたい

などの考え方はお改め下さい。

 

このような思いが心のベースにあって、「うつ病の診断書を簡単に手に入れたい」と思うのは、大きな間違いです。

仮に、あなたがもしそのような理由であれ、うつ病の診断書をもらうことが出来、うつ病になれたとしても、その後に良いことなどありませんよ。

一時的にうつ病になって、運良く克服でき、現場復帰出来たという形を示したとしても、一度うつ病を患ったのだという病歴は一生ついて回るのですよ。

 

再度、申し上げますが、何らかの悪用のためにうつ病になろうというのは、百害あって一利なしですよ。

 

「うつ病」の診断書を作成してもらう際のポイントは?

うつ病 分かりやすく

では、ここからは、本物のうつ病になってしまい、正当な場面で必要となる診断書が必要な方に向けての情報です。

医師は診断書というものを書ける資格を持っていますが、事実でないことを書くことは出来ません。

事実でないことを記載するのは、法に触れることになります。

 

ですから、医師の診断により、本当にうつ病であれば、うつ病との診断書を書いては下さります。

ですが、医師も、その患者さんの将来的なことも見据えて、診断書を書くわけです。

本当に「うつ病」と言う文言が必要な場合は、その診断名を含む診断書を書いて下さいます。

しかし、「うつ病」との診断名まで書く必要がないと思われる場合、あるいは、「うつ病」と書くことがマイナスになると考えられる場合は、うつ病に含まれる下位症状の中から適切と思われる症状名などで診断書を書く場合もあるかと思います。

 

例えば、うつ病で睡眠障害が強い方の場合などは、「睡眠障害」あるいは「不眠症」と言う診断名での診断書を作成して下さったりするわけです。

これは医師側の配慮と言えるでしょう。

このように、医師も診断書作成の際には、色々なことを考えつつ記載しているものと思われます。

 

正当な理由で診断書が必要な方は、必要理由をきちんと説明して、使用目的に合った診断書を作成してもらうことです。

ですから、診断名を「うつ病」にこだわるとか、簡単に作成してもらえるものなのかといったことは、少し的外れの疑問や不安であると思います。

 

診断書作成依頼時に押さえるべきポイントは、

「必要な目的に見合った」

診断書を

「必要時までに書いて頂けるのか」

という点です。

 

精神科医というのは、他科の医師と比べても、書かなければならない書類が膨大にあるという話を耳にしたことがあります。

今現在、精神科医1人あたりが受け持っている患者数も、他科に比べたら、多いのではないかと推測されます。

そのような点も踏まえて考えてみても、簡単に、即、希望に添った内容の診断書を手に入れることは難しいという風に思っておられた方がよろしいのではないかと思います。

 

まとめ

 

うつ病に限らず、診断書とは、必要なときに、使用目的に合った内容のものでないと意味をなしません

あなたが「うつ病」を患っていて、某かの正当な使用目的のために、診断書が必要であるならば、あなたの診断書の必要事由を主治医が理解して下されば、それを手に入れることは可能であると思われます。

ただし、医師の多忙さも考慮した上で、時間的には余裕を持って依頼するのが、マナーでしょう。

 

昨今のうつ病患者数の急増を都合良く利用しているのは、患者側だけでなく、治療者側(医師や医療機関、製薬会社など)にもある現象だと思います。

診断書発行料は健康保険の対象外です。

ですから、医師は、書けば書いただけ、診断書料全額が懐に入ってくるわけですから、それを悪用する例もあるようです。

しかし、そのような商業主義的な医師や医療機関がどこであるかという情報も、ある程度、分かる人には分かることだと思われます。

そのようなところで発行された診断書を持参して、患者が不正な目的のために利用しようとしても、そのような診断書は、信頼性のある診断書とは見なされず、形骸化した診断書に過ぎないものになってしまうでしょう。

 

診断書は、正当な使用目的のために、誰が見ても信頼性があると見なされるものを作成して頂きましょう。

それには、普段の診察時のやりとりが大切になります。

医師が患者のことを的確に把握していないような状況では、診断書作成はムリでしょうし、患者も作成依頼が出来ないでしょう。

 

診断書はいつ必要になるか分かりません。

その時に慌てることのないよう、患者は普段から自らの状態を、主治医に良く伝えて理解してもらうように努めましょう。

 

診断書作成時に限ったことではありませんが、治療を進めていくにあたり、信頼関係のしっかりとした医師-患者関係を作り上げておくことが、何より重要なことと言えるでしょう。

皆さんも、主治医との良好な信頼関係を築いておきましょう。


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ