スポンサーリンク

うつ病で復職する時のチェックリスト

うつ病を患い、治療に専念するために、休職する方も、近年、増加傾向にあります。

そして、人それぞれのうつ病の程度、また、療養環境などにより、休職期間は異なってくると思いますが、順調に回復に向かい、いざ、復職を考える段階になった場合、どのような基準で、復職の判断をしたら良いのでしょうか?

そこで今回は、復職する際に基準として考えられるチェック項目を、具体的に挙げてみたいと思います。

そのチェック項目とご自分の状態とを比較して、復職出来るかどうかの判断の一助になればと思います。

 

sponsored link

 

職場復帰を考える際のポイント

プレゼンテーション時のイラスト002

職場復帰を考えるにあたり、次の3点から、復帰の準備が整っているかを確認する必要があると考えられます。

 

  1. 復職をする当人の回復状態
  2. 復職者を受け入れる職場の受け入れ体制の準備度合い
  3. 主治医や産業医の復職に対する判断に問題はないか

 

まず「1」についてですが、職場復帰を考えるにあたって、休職していた当人の体調等の戻り具合が一番重要な判断材料となります。

これに関しては、自分自身を自分で客観的に見て、復職が可能か判断することになります。

 

「2」の復帰先となる会社側の受け入れ体制も準備が整っているかですが、休職するに至った社員が、うつ病になった原因が何であれ、病み上がりの状態で、以前の職場に戻った場合、いきなり健康な社員と一緒に、同じ仕事ができるとは限りません。

会社側はうつ病という精神疾患の知識や情報をしっかりと持ち、それなりの復職者に対する対応の仕方や必要と思われ対処策や処遇を考えておくなど、受け入れの事前準備をしておく必要があります。

うつ病で休職していたと言っても、復職者は1人1人状況が異なりますので、一般的な受け入れ体制を整えると共に、個別的な対応策も考えておく必要性があるでしょう。

そのような二段階的な受け入れ準備が整っていないと、職場復帰もうまくいかない可能性が出てきます。

 

「3」については、一度休職から職場復帰した社員が、再び、休職するというケースが多いと言う事実から、主治医や産業医は、復職をしようとしている患者の状況を正確に把握した上で、復職可能と判断をしているのかを十分に確認する必要があります。

医師は限られた短い診察時間内で得られる情報を元に、職場復帰についての判断をします。

職場への復帰と言うことになると、単に日常生活が無難にこなせているというレベルの回復度合いだけの確認では不十分で、仕事という業務を遂行し得るまでに回復しているかという判断が必要なわけです。

そのためには、

「復職者が担うことになる職務内容についても知っている」

必要がありますし、

「復帰する職場環境についての情報も把握

していなければなりません。

そういった諸々の情報を総合的に捉えた上での復職可能との判断をしているのかが問題になります。

近年、主治医が復職のOKを出した上で復職したにもかかわらず、短期間で、再休職に追い込まれるケースもあり、医師の復職判断の信頼度も揺らいでいるとも言われています。

 

以上のような1~3のポイントから、復職が可能という判断がなされているのかを、事前に十分に確認しておくことが重要です。

復職に際しては、こういった多面的な方向からの判断が重要であることを、まずは、認識して下さい。

 

その上で、今回は、職場復帰予定者の状態のみに焦点を当てて、復帰可能の可否を判断できるリストをご紹介します。

 

実際に職場復帰が可能かどうかをリストでチェック!

syorui_morau_woman

以前書いた記事で、復職するにあたって、これだけは最低限すべてクリアできている必要があると思われる項目を10個挙げました。

まずは、その10項目がクリアできているかを軽くチェックしてみて下さい。

うつ病患者が仕事復帰するのにベストな時期は?

結果はいかがでしたか?

これらの10項目は、復職を考え始める際に、最低限クリアしていないとならないと思われる内容についてのチェックです。

このチェックで、ひとつでもクリアできていない項目があったならば、まだ、復職を考えるのは時期尚早とお考えになった方が良いのではと思います。

 

次に、今行ったチェックにも含まれている項目もあるかと思いますが、職場に戻って、実際の職務を遂行できるのかに力点を置いたチェックリスト「復職準備チェックシート」というものを元に作成したリストをご紹介します。

このリストは、復職するには、どのようなことが出来るか否かが問題となるのかが分かるようになっております。

まとめ直したチェックリストを以下に示します。

実際の「復職準備チェックシート」では、回答の選択肢も細かく設定されていますが、今回はそのあたりも簡便化し、「○・△・×」と言う3段階程度での回答で結構かと思います。

以下のリストで復職の準備がどの程度整っているのかを、自己判断してみて下さい。

 

【簡易版復職準備チェックリスト】
( )内に当てはまる程度を「○・△・×」の3段階程度で回答してみて下さい。

Ⅰ.全般的な健康状態
  1. ( )顔色、肌つやが良い、声に張りがある
  2. ( )身体の動きが速くなり、身体に充実感がある
  3. ( )空腹感を感じ、食事がおいしい
  4. ( )お腹の調子が安定していて、下痢や軟便、便秘などがない
  5. ( )すぐに口が渇かなくなった、または、以前から口の渇きはない
  6. ( )微熱や風邪などの症状はなく、体調は安定している
  7. ( )自然に外出ができる
Ⅱ.睡眠について
  1. ( )苦労なく寝付ける、または、いつの間にか眠っている
  2. ( )中途覚醒は1回以下。目覚めてもまもなく眠れる
  3. ( )悪夢を見たり、夢を一晩に何度も見たり、寝汗をかかない
  4. ( )自然な時間に目覚め、寝起きも良い
  5. ( )熟睡感があり、日中の眠気などはない
Ⅲ.疲れやすさについて
  1. ( )見る、読むと言う作業(新聞、雑誌、専門書など)
  2. ( )書く作業
  3. ( )テレビを見ること
  4. ( )趣味のことに関して
  5. ( )家事について
  6. ( )外出について
Ⅳ.日常生活での対人関係の過敏さについて
  1. ( )近所への外出
  2. ( )近所の人とのつきあい
  3. ( )子供の相手をすること
  4. ( )親族との関係
  5. ( )職場以外の人との関係
Ⅴ.職場関係のことへの過敏さについて
  1. ( )職場の情報に接すること
  2. ( )職場関係者との対人関係
  3. ( )通勤に関して
Ⅵ.病気の理解と自己管理について
  1. ( )悲観的な考え
  2. ( )自分の病気の症状に関する理解
  3. ( )病気に関連する要因についての理解
  4. ( )ストレス対策の理解
  5. ( )服薬の管理
  6. ( )通院の必要性の理解と通院行動
  7. ( )生活記録表への記録と出社に向けたリズム作りについて
Ⅶ.回復段階の自己評価(現在、自分はどの段階にいると理解しているか)

a.回復初期 :1日中寝ている
b.生活安定期①:夜寝て昼間起きているが、家の中でゴロゴロとしている。疲れやすい。
c.生活安定期②:日中は横にならない。少々の外出なら可能。意欲が少し戻る。
d.復職準備期①:午後から短時間の外出なら可能。長時間や人混みは疲れる。
e.復職準備期②:午前中からの外出も可能。集中力や理解力も戻る。
f.復職準備期③:出社を模した通勤訓練が継続可能な状態。
g.復職可能:フルタイム週5日の出勤が1ヶ月継続できる状態。疲れも翌日には回復。

【 】:a~gのうち自分が現在該当するものを記入

上記の34項目について、回答した結果を総合的に見て、復職可能かどうかの判断材料にして下さい。

参考資料:独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構 障害者職業総合センター
うつ病を中心としたメンタルヘルス不全による休職者の職場復帰支援の実際と課題に関する文献研究

 

 

まとめ

以上のように、復職を判断するためには、上に記した34項目のような点から、復職の可否を総合的に考える必要があります。

これは簡易的に答えられるようにしたものです。

実際に、復職の可否を決める際に使われるシートは、回答の選択肢ももう少し具体的な記載になっておりますし、自己評価と共に、別の記録者が同様の内容のチェックを行い、復職希望者と他の記録者の判断のズレについても検討材料として使用するようです。

実際に、復職を検討する際には、初めにも書きましたように、復帰者本人、復帰先の職場、主治医や産業医の判断の3つがポイントとなりますし、復職をしようとしている方は、上記の34の各項目について、問題なくクリアできているかを判断することが、復職を決めるひとつの材料になるかと思います。

以上の点を踏まえ、チェックリストの結果も参考にして、復職についてご検討下さい。


スポンサーリンク

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ